本を読むモチベーションをどうやって維持するか。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

本って習慣化させるのは大変なところがあるかもしれませんが、なってしまうと逆に読まない日をつくる理由がなくなるんじゃないかと思っています。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで癒しと安らぎを与える読書療法士の井田祥吾(Twitter: @shogogo0301)です。

本のいいところは読めば確実に終わりに近づくところです。

何かのゲームのスコアのように点数がついて変動するわけではありません。

1ページでも読めば確実に「読了」に近づきます。

でも、分厚い本はなかなか読み進めることができずに時間がかかるなんてこともありますよね。

ある程度の読むことに対するモチベーションを保つ工夫は必要なのかなと思っています。

 

一つは読んだ冊数を記録するというものです。

読書メーターなどのアプリを使えば手軽に記録をすることができます。

注意点としては毎月○冊読むというように冊数自体を目標にするのはオススメしません。

「冊」というのはあくまでも区切られた単位です。

分厚い本でも1冊ですし、同じ小説でも分冊になっていればその分冊数は増えていきます。

 

次に考えられるのは読んだ時間で記録するというものです。

試してみましたが、後から見返したときにこれは何かの役に立つデータなのか疑問を感じてやめました。

 

今のところ考えられるベストは読んだ本のページを記録していくというものです。

でも結構面倒なんですよね。

 

なんのためを考えるとやる必要もないのかなと思いますが、読書を習慣化させたい人にとって何をモチベーションにしてもらうのがいいのか考えてみました。

おすすめの方法があったら教えてください。

(eye catching photo by chiho)

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


第67回 読書会「本の話をしよう」開催報告

座右の銘はなんですか?

関連記事

  1. 入院してます

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  2. 本はいつでも誰かを救ってくれる

    「どうやったら本を使ったビジネスが展開できるでしょうか?」以前このような…

  3. 読書会に何を求めるのか?

    先日、北海道新聞の『人トーク』に読書会主宰者として紹介いただきました。…

  4. 名言を探すように読んでみるのもあり

    こんな小説の読み方があってもいいんじゃないかということについて書いていきます…

  5. 本やお店を星で評価しない

    今回はわたしが大切にしていることについて書いていきます。それは、本やお店…

  6. 本の価値が決まるのは値段なのか?

    あなたは何を基準に本の価値を測っているでしょうか?本の値段と価値について…

  7. 遠回りでも本を読んで考えて学びたい

    毎日のように本を読んでいます。本を読んでいると関係ないことを思い浮かぶこ…

  8. どんな読書会をやっているのか?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、…

Twitter でフォロー

PAGE TOP