その本、本当に読みたいですか?

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで癒しと安らぎを与える読書療法士の井田祥吾(@shogogo0301)です。

一人の本好きのたわ言だと思って読んでいただけるとうれしいです。

 

初対面で「趣味が読書です」と言われると、「おすすめの本はなんですか?」と聞かれることが結構あります。

いきなりそんなことを聞かれても、そもそも本を読む習慣があるのか、読むならどんなジャンルの本が好きなのか、などといった情報なしに紹介することはできないので掘り下げて聞くことになります。

以前はそんな話をされたらこちらのテンションが上がって、「じゃあ貸しますよ!」なんてことが多かったのですが、最近は控えるようにしています。

理由は単純で忘れ去られたように返ってこないことが多いからです。

これは借りた側というよりも貸した側に責任があるのではないかなと思います。

なんとなくで聞いた結果、これ読みな、と押し付けられるのは一種のハラスメントかもしれません。

 

極論言ってしまえば時間を取れば本は読むことができます。

一日見開き2ページでも読んでいけば必ず読み終わるのが本というものです。

自分の読書量と時間を基準に考えてはいけないと考えることが多くなってきました。

 

本を貸すことは本に旅させるようなものだと思っていたので、返ってこないことは放浪の旅をさせている感覚でした。

大切にしてもらっているならいいのですが、ほこりが被ってしまっているなら自分の家でぬくぬくとさせてやりたいなというのが最近の本音です。

 

つらつらと愚痴のようになってしまいましたが、誰かをせめる文章ではありません。

今わたしから本を貸して読んでいる方はそのまま大切に読んでほしいと思います。

 

そしてこれからのわたしは単なる思い付きで本を貸さないようにします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




書いている人


ストレングスファインダー 勉強会「内省」に参加をしました!

2020年8月「致知若獅子の会」に参加をしました。

関連記事

  1. 読書会の始め方

    人気検索キーワードを眺めていたら「札幌ゼロ読書界」というものがありました。…

  2. 本を探すときに知っていると便利なISBNについて…

    今回は本を探す際のちょっとしたテクニックをご紹介したいと思います。本を探…

  3. 本と映画、どっちが先?

    本と映画どっちが先がいいか問題というのがあります。ない! という方はいま…

  4. その本は本当に読みたいですか?

    毎日のように本を読んでいます。読んでいて徐々に終わりが近づくと、もう少し…

  5. 本屋さんは脳内旅行⁉︎

    先日、こんなツイートをしました。本屋さんをぐるぐるまわるのは脳内旅行を…

  6. 5分という絶妙な紹介時間

    今回は読書会での本の紹介時間について書いていきます。「本を語る、人と繋が…

  7. 小説を人生にどう生かすか?

    小説を読み終わりました。いい小説に巡り会えたなと感じるときほど嬉しいこと…

  8. 歴史小説が苦手だけれども、

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

Twitter でフォロー

PAGE TOP