弱さを受け入れる勇気。宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー』

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで癒しを与えるブックセラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今日紹介するのは、第3回ビブリオバトル@SALOON で紹介をした、宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー』です。

ブレイブ・ストーリー

本の話の前にこの本との出合いについて書きます。

この本が初めての宮部みゆき作品でした。

中学2年生のときだっと思います。

アニメ映画化されることを知り、当時熱烈と言えるくらいにファンだった大泉洋さんが声優をやっていることもあり、映画の前に上巻と中巻を読んでから映画を観にいきました。

あらすじ

あらすじとしては幻界(ヴィジョン)という世界で5つの宝玉を集めると願いが叶う、そのための冒険をしていく話です。

主人公であるワタルがなぜ、幻界を旅することになったのか、その経緯が1/4ほどを使われてていねいに書かれています。

同じように旅をするミツルとは願いは一人、一つしか叶わないのでライバルです。

どういう風に宝玉を集めていくかはまるでロールプレイングゲームをやっているようで面白いです。

学んだこと

宝玉は5つあります。

そこには喜怒哀楽プラスひとつ(ここは読んで欲しいところです)が反映されていました。

自分自身の不遇な運命を受け入れることも強さの一つなのかなと思いました。

前に進むだけが勇気ではない。自分の弱さを受け入れるのも勇気なのだと感じました。

最後に

ビブリオバトルで紹介した動画を貼っておきます。

よければこちらもご覧ください。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




note(掌編小説、日記など)もやってます!

音声プラットフォームHimalayaでもお話ししています

書いている人


第3回ビブリオバトル@SALOON 開催報告!

誰かを救う文章を書きたい

関連記事

  1. 『終末のフール』から学ぶ、明日死ぬとしても後悔し…

    わたしが文章を書こうと思ったときはさて何を書こうから始まります。札幌で読…

  2. 読書のアウトプットのススメとその方法

    本との出合いは人との出会いと同じだと思っています。札幌で「本を語る、人と…

  3. 生きることは、今を大切にすること。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  4. 2020年5月版「本棚の10冊で自分を表現する」…

    2020年5月22日に第51回札幌ゼロ読書会「本の話をしよう」@Zoomを開…

  5. 岡本太郎『自分の中に毒を持て』〜座右の書〜

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  6. 『走ることについて語るときに僕の語ること』〜走る…

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  7. 読書の方法知りたくないですか?

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。本の…

  8. 読書会はインターネット的のおかげで成り立つ。

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。今回…

Twitter でフォロー

PAGE TOP