『これは水です』に学ぶ、教養と心の持ち方

第41回 読書会「本の話をしよう」で紹介した本について書いていきます。

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾@shogogo0301)です。

『これは水です』

英語でも THIS IS WATER.とあるようにとてもシンプルな題名の一冊です。

初めて行った江別の蔦屋書店で出合いました。

デヴィッド・フォスター・ウォレス氏が2018年ケニオン・カレッジ卒業式で行った卒業生に対する「はなむけの言葉」が元になっています。

スピーチが元になっているので、20分ほどで読み終えることができます。

ですが中身は考えさせられるもので、折に触れて読み返したくなるような気がしています。

 

冒頭の

これは水です。

というのは、寓話の引用のそのまま出だしです。

巻末の訳者解説にもあるように日本のことわざにも、「魚の目に水見えず、人の目に空(風)見えず」というのがあります。

本当に大切なものは目には見えないし、触ることもできないということを表しています。

そのようなものの存在を知った上で行動するかしないかはとても大切なことだと思います。

そのものの味方の基本になってくるものが、リベラルアーツ日本語でいうと教養というものです。

 

リベラルアーツを学ぶということは、ものの考え方を教わることです。

もっと噛み砕いていうと、何をどう考えコントロールするか、もしくは何ができなくて諦めるかを判断できるようになることであると思います。

 

その中で、人間世界には扱うのが難しいものの1つに、宗教と神の存在があります。

僕らに唯一できる選択は

なにを崇拝すべきか、だけです。

(p110)

よく日本人は無宗教ということを言われます。

クリスマスを祝った1週間後には除夜の鐘を聴く。

そのような生活が普通に存在しているのです。

それはもはや八百万の神と言われるように、日常にあらゆるものが神として溶け込んでいるのではないかなと思います。

あらゆるものに神の存在を認める。それが日本人らしい生き方なのではないかなと感じました。

 

自分の見ている世界が全てとは限りません。

でも自分の見ている世界を精一杯感じて、今ここに生があることに感謝をしたいとともに、自分が進むべきではない色眼鏡を自然のうちにかけていることがないように学び続けなければいけないとこの本を読んで感じました。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

書いている人


第42回 読書会「本の話をしよう」開催報告!

読書会を教えてくれた本

関連記事

  1. 世の中は仮説だらけ⁈

    第39回 読書会「本の話をしよう」で私が紹介した本の紹介です。札幌で…

  2. 天才はあきらめた〜嫉妬はガソリンだ!〜

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@…

  3. 筒井康隆『時をかける少女』は時をかけて読まれる小…

    時をかけて読まれる小説札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開…

  4. 新庄剛志『わいたこら。』から学ぶ

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. バッタを倒しにアフリカへ、夢を追う物語

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  6. 奮い立たせるのにオススメの本は?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. 松浦弥太郎さんから学ぶ「自分株式会社」の経営哲学…

    松浦弥太郎さんが好きです。柔らかな文章の中にピリッとすることが書いてあっ…

  8. 本棚の10冊で自分を表現する

    #本棚の10冊で自分を表現する#羅生門#鼻#自分の中に毒を持て#秘密#終末…

Twitter でフォロー

PAGE TOP