できること

読書会情報

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで癒しを与えるビブリオセラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

わたしにはこのようなことが出来ますよ! というのを一覧にしてみました。

こんなことお願いしても良いのかなと思ったらひとまずご相談ください。

わたしにできること

  • 読書会ファシリテーター
  • ふたり読書会
  • ビブリオエッセイ

読書会ファシリテーター

読書会の進行役です。

札幌ゼロ読書会では様々なタイプの読書会を開催しています。

好きな本を紹介して交流をする「本の話をしよう」は主にBrown Books Cafeで第2金曜日に開催しています。

本のプレゼンを5分間でして一番読みたくなった本を決める「ビブリオバトル」は月1回コワーキングSALOONで開催しています。

本のエッセンスをその場で吸収して明日からの生活に役立つ第一歩を決める「リードフォーアクション」は不定期でコワーキングSALOONで開催をしています。

「本の話をしよう」「ビブリオバトル」の参加費は1,000円、「リードフォーアクション」の参加費は1,500円です。

ファシリテーター役として招いていただくことも可能です。内容、人数を含めて料金は要相談でお願いします。

ふたり読書会

大勢でやる読書会をぎゅっと濃縮してワンツーマンでやることも可能です。

事前に課題本を読んできてお互いに良かったところをシェアしあうのもよし、一人だとなかなか読書ができないという方はふたりで黙々と読むのもありです。

おすすめの本を紹介してほしい。本を効率的に読む方法を知りたいというのでも構いません。

私と一緒にできることならご協力をします。

料金は30分お試しは無料。初回は1時間1,000円(交通費、飲食代別途)です。(お試しと初回を合わせて90分1000円も可能です)

ご相談は、お問い合わせより件名「ふたり読書会」でお願いします。

ビブリオエッセイ

実を言うと書評という言葉はあまり好きではありません。

そこには本を上から評するような感じがしてしまうからです。

私が本について書きたいのはどこが良いと思ったか、何が生かせそうかという自分の内面から湧き上がってくるものです。

「この本読んでほしい」と言われても、興味がないとなかなか読み進められませんが、ぜひ読んでほしいという本がありましたらおしらせください。

お問い合わせ

お問い合わせよりお願いします。

(最終更新 2020/04/14)

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!

noteもやってます

自己紹介


カテゴリー

PAGE TOP