岡本太郎『自分の中に毒を持て』〜座右の書〜

読書会情報

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

第26回「本を語る」読書会で紹介した本です。

ギラリと見つめるような岡本太郎さんの表紙が印象的な一冊です。

この本との出合いは大学浪人時代でした。

紹介されているポップを見て、何か響くようなものを感じて購入しました。

いくつか印象に残ったところを引用します。

一度でいいから思い切って、ぼくと同じだめになる方、マイナスの方の道を選ぼう、と決意してみるといい。

ここでいうだめになる方と言うのは、安全安泰ではない方と言う意味です。

今の自分とは違うチャレンジをする方向、変化をする方向です。

失敗してしまうとだめになってしまうかもしれない方向と言い換えることができるかなと思います。

チャレンジすることを失ってしまった人間は寂しい存在なのかもしれません。

激しく挑みつづけても、世の中は変わらない。

しかし、世の中は変わらなくても自分自身は変わる。

人間は変わり続ける生き物です。

変化を恐れていては前に進むことができません。

 

なにか自分を奮い立たせたい、そのような時に繰り返し読んでパワーをもらっている本です。

わたしの座右の書というべき一冊です。

自分の中に毒を持て

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!

noteもやってます

自己紹介


わたしとブログのあるべき姿

第27回「本を語る」読書会開催しました

関連記事

  1. 吉野源三郎『君たちはどう生きるか』を読んで自分の思考を深める

    第9回読書会「本の話をしよう」で紹介した本について書いていきます。相当前なので当時どのような発表…

  2. わたしの読書習慣を変えた1冊。

    朝起きたら、外が白かったです。とうとう冬のシーズン突入といった感じです。寒いのは得意ではあり…

  3. 小川洋子『博士の愛した数式』から学ぶ数学のロマン

    私の自己紹介ページには過去の読書会で紹介した本をあげています。読書会が軌道に乗ってきた頃にこのブ…

  4. 本を読むときは自分の頭で考えることが大切

    世の中には古典と呼ばれるものがあります。今日は古典について、読書論を交えながら書いてみようと思い…

  5. 人生はアソビだ!

    一冊の本を予約注文して購入しました。その一冊とは、あんちゃ「アソビくるう人生をきみに。」…

  6. しるし本がつなぐ縁

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です…

  7. 本は誰が作っているのか

    あなたはどのような形で本を読むことが多いでしょうか?書店で新刊本を買うことが多い方もいれば、ブッ…

  8. 本棚の10冊で人生哲学を考えてみる

    テーマは人生哲学札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。今日は読…

読書会情報はこちらから!

友だち追加
PAGE TOP