わたしの座右の書〜自分の中に毒を持て〜

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

第26回「本を語る」読書会で紹介した本です。

ギラリと見つめるような岡本太郎さんの表紙が印象的な一冊です。

この本との出合いは大学浪人時代でした。

紹介されているポップを見て、何か響くようなものを感じて購入しました。

いくつか印象に残ったところを引用します。

一度でいいから思い切って、ぼくと同じだめになる方、マイナスの方の道を選ぼう、と決意してみるといい。

ここでいうだめになる方と言うのは、安全安泰ではない方と言う意味です。

今の自分とは違うチャレンジをする方向、変化をする方向です。

失敗してしまうとだめになってしまうかもしれない方向と言い換えることができるかなと思います。

チャレンジすることを失ってしまった人間は寂しい存在なのかもしれません。

激しく挑みつづけても、世の中は変わらない。

しかし、世の中は変わらなくても自分自身は変わる。

人間は変わり続ける生き物です。

変化を恐れていては前に進むことができません。

 

なにか自分を奮い立たせたい、そのような時に繰り返し読んでパワーをもらっている本です。

わたしの座右の書というべき一冊です。

自分の中に毒を持て

良かったらフォローしてください!

noteもやっています

画像をクリックすると「note」にとびます

読書会情報

自己紹介


わたしとブログのあるべき姿

第27回「本を語る」読書会開催しました

関連記事

  1. 複写ハガキを書けば人生が変わる

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です…

  2. 挑戦に必要なものは?

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です…

  3. 自分の強み知っていますか?

    自分の強みとか長所ってなかなかわからないですよね。自己紹介の長所欄に何を書いていいのか、わたしは…

  4. 人生はアソビだ!

    一冊の本を予約注文して購入しました。その一冊とは、あんちゃ「アソビくるう人生をきみに。」…

  5. 「なぜドリル」をやってみた!

    つい先日、毎日ブログ更新頑張りますという記事を書きました。札幌で読書会をやってます、しょう…

  6. 夜の底が白くなった。

    川端康成「雪国」「ねえねえ、井田さん。川端康成の雪国の冒頭知ってますか?」雪国 (…

  7. あなたに伝えたいことがある。

    わたしは昔から文章を書くのが好きでした。好きなことに気づいたのはつい最近のことでした。札幌で…

  8. 本は、時空を超える

    体調もいい時もあれば、よくない時もある。ということでよくないと感じるときもそれなりの結果を残しつ…

読書会情報はこちらから!

友だち追加
PAGE TOP