しるし本がつなぐ縁

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

先日、書き込みのある古本を売ることのできるプラットフォームである、しるし書店の紹介をしました。

お買い上げいただいた方が、しるし本を読んで感想を書いてらっしゃいました。

紹介しても大丈夫とのことなので貼っておきます。

多読術

お譲りした本は、松岡正剛「多読術」でした。

購入していただいた千葉さんもブログの中でレビューを書いてらっしゃいますが、多読術というタイトルですが決してたくさんの本を読みましょうということが全てではありません。

本との付き合い方は人それぞれでいいと思っています。

この本を手放したことで思い入れが深くなりました。

好きな本を手元に残しておくだけがいいことでもなければ、読んだ本をどんどんしるし本として出品していくのもなんだか違うような気がします。

また見返したい時がすぐやってくるだろうという本は手元に残しておくべきかなと思います。

その本の内容を吸収した、共有したいと思える本はしるし本として手放すのがいいのかなと思います。

明確な基準は今のところないので、今のところは「自分の心」になっています。

今回、お譲りしたしるし本の感想レビューを見たことで、しるし書店は本を通した交流の一つの手段になっているのかなと思いました。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


2つの読書会に参加しました

本は読んでギャップを埋めるのが大切

関連記事

  1. 希望のある日々をおくるために

    考えるという行為は確かに特効薬ではないのかもしれません。それが自分の考え…

  2. 野村克也『野村ノート』〜野球から学ぶ〜

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  3. 本は、時空を超える

    体調もいい時もあれば、よくない時もある。ということでよくないと感じるときも…

  4. 続けやすい仕組みを考える

    人間は習慣の生き物と言われています。習慣が人を作るってやつです。いい…

  5. バッタを倒しにアフリカへ、夢を追う物語

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  6. 川村元気『仕事。』、「仕事。」楽しんでいますか?…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

  7. 天才はあきらめた〜嫉妬はガソリンだ!〜

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@…

  8. 本を生活の一部にする

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

Twitter でフォロー

PAGE TOP