まぁりん『青い空と向日葵』〜今を大切にすること〜

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

2020年3月20日に開催しました、第5回ビブリオバトル@zoomで紹介した本について書いていきます。

以前こちらでも紹介した本です。

紹介した本は、まぁりん『青い空と向日葵 がん・ステージⅣからの⭐︎奇跡☆』です。

まぁりん『青い空と向日葵 がん・ステージⅣからの⭐︎奇跡☆』

ある日突然がんを宣告されたらどんな気分になるのでしょうか?

それは経験した人にしかわからないことでしょう。

なんとなく死というものは遠いところにあるイメージですが、がんを宣告されると急にせまってくるようなものに感じるのではないでしょうか?

この本は、まぁりんさんががんを宣告されてから寛解するまでの奇跡の軌跡が描かれた本です。

その回復の過程ではとてつもない勉強と努力をされたのだと感じます。

ところどころにふんわりとしたイラストもあるので、疲れたときにふと眺めるだけでも癒されます。

まぁりんさんとの出会い

まぁりんさんとの出会いはリードフォーアクション読書会でした。

そのときに「絵本をつくりたいんです」とおっしゃっていました。

そのために見本となるものを作成したりとそばで感じていました。

1つ形となるものに出会えて私も嬉しく思っています。

お守りがわりの本として

本のサイズ感と量もいい感じです。

ふとしたときに開きたくなるまるでお守りがわりになるような本です。

私自身も病気の治療の中でなかなか思うように本を読めない時期がありました。

そういうときはこのような寄り添ってくれる本がとてもいいです。

これからもこの本の魅力を多くの人に伝えたいと思います。

ビブリオバトルでの紹介動画です。

 

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


『つつんで、ひらいて』〜装幀者という仕事〜

習慣化させるために必要なこと

関連記事

  1. 吉野源三郎『君たちはどう生きるか』を読んで自分の…

    第9回読書会「本の話をしよう」で紹介した本について書いていきます。相当前…

  2. 内沼晋太郎さんから学ぶ、働き方のヒント

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  3. YUIさんの柔張るという生き方

    2020年2月21日に開催した第49回「本の話をしよう」@Brown Boo…

  4. 「これからの本屋読本」は本屋に憧れる人のバイブル…

    2017年7月の読書会で内沼晋太郎「これからの本屋読本」を紹介しました。…

  5. これぞ名文!『夜の底が白くなった。』

    「ねえねえ、井田さん。川端康成の雪国の冒頭知ってますか?」雪国…

  6. 河合隼雄『こころの処方箋』で常識を知る

    第27回「本を語る」読書会で紹介した一冊です。この日、紹介したの…

  7. 坪倉優介『記憶喪失になったぼくが見た世界』で、感…

    第56回 札幌ゼロ読書会「本の話をしよう」を開催しました!わたしが紹…

  8. 感謝することは当たり前のことに目を向けること

    感謝をすることは当たり前のことに目を向けること札幌で読書会をやってます、…

Twitter でフォロー

PAGE TOP