まぁりん『青い空と向日葵』〜今を大切にすること〜

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。

  読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

募集の案内はLINEでも行っています。

開催日の3週間前の月曜日8時を基本として配信しています。

よければ登録をお願いします。

今日のブログ

2020年3月20日に開催しました、第5回ビブリオバトル@zoomで紹介した本について書いていきます。

以前こちらでも紹介した本です。

紹介した本は、まぁりん『青い空と向日葵 がん・ステージⅣからの⭐︎奇跡☆』です。

まぁりん『青い空と向日葵 がん・ステージⅣからの⭐︎奇跡☆』

ある日突然がんを宣告されたらどんな気分になるのでしょうか?

それは経験した人にしかわからないことでしょう。

なんとなく死というものは遠いところにあるイメージですが、がんを宣告されると急にせまってくるようなものに感じるのではないでしょうか?

この本は、まぁりんさんががんを宣告されてから寛解するまでの奇跡の軌跡が描かれた本です。

その回復の過程ではとてつもない勉強と努力をされたのだと感じます。

ところどころにふんわりとしたイラストもあるので、疲れたときにふと眺めるだけでも癒されます。

まぁりんさんとの出会い

まぁりんさんとの出会いはリードフォーアクション読書会でした。

そのときに「絵本をつくりたいんです」とおっしゃっていました。

そのために見本となるものを作成したりとそばで感じていました。

1つ形となるものに出会えて私も嬉しく思っています。

お守りがわりの本として

本のサイズ感と量もいい感じです。

ふとしたときに開きたくなるまるでお守りがわりになるような本です。

私自身も病気の治療の中でなかなか思うように本を読めない時期がありました。

そういうときはこのような寄り添ってくれる本がとてもいいです。

これからもこの本の魅力を多くの人に伝えたいと思います。

ビブリオバトルでの紹介動画です。

 

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


『つつんで、ひらいて』〜装幀者という仕事〜

習慣化させるために必要なこと

関連記事

  1. 「わたしだけのおいしいカレーを作るために」は哲学…

    以前読書会で紹介した本を今日は紹介します。その時にどのような紹介をしたか…

  2. 河合隼雄『こころの処方箋』で常識を知る

    第27回「本を語る」読書会で紹介した一冊です。この日、紹介したの…

  3. 好きを仕事にするために

    自分の好きなことをもっと好きになる。好きなことで生きていけたらいいなと日…

  4. みうらじゅん『「ない仕事」の作り方』に学ぶこれか…

    みうらじゅん『「ない仕事」の作り方』に学ぶこれからの仕事の作り方…

  5. 何度でもやり直せる社会に

    2018/06/22に天狼院書店で開かれた「暗闇でも走る」の著者安田さんのイ…

  6. 挑戦に必要なものは?

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  7. 石亀康郎『ふたりっ子バンザイ』を眺めて、思い出す…

    第10回ビブリオバトル@コワーキングSALOON札幌で紹介した本について書き…

  8. 自分の強み知っていますか?

    自分の強みとか長所ってなかなかわからないですよね。自己紹介の長所欄に何を…

Twitter でフォロー

PAGE TOP