同じ情報には何度も触れる

ブログを書こうと思ったタイミングにいつも思い浮かぶことがあります。

それは「今日は何を書こう」「これ前にも書いたっけ?」です。

札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

ブレイン・プログラミング

以前の読書会でも紹介した一冊です。

この本によると人間は脳に新しい考えが定着するまでに6回はその情報に触れる必要があるとのことです。

つまり、何回でもむしろ6回は同じ内容ですとか伝えたいことを書いていっていいということになります。

 

この本は、脳の仕組みを利用した目標を達成するための手法について書かれています。

なぜということころまで書かれているので非常に納得できます。

あとは同じ内容が何度も形を変えて書かれていますので、非常にすんなりと自分の考えとして吸収することができます。

目標達成の具体的な方法について学んでみたい方にオススメの一冊です。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




毎日note更新してます!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


小さな行動から全ては始まる。

毎日成長するためにできること

関連記事

  1. 夏目漱石『硝子戸の中』から学ぶ死生観

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  2. 朝に書くという習慣

    わたしは思考の整理のために朝に書くということをしています。札幌で読書会を…

  3. 「これからの本屋読本」は本屋に憧れる人のバイブル…

    2017年7月の読書会で内沼晋太郎「これからの本屋読本」を紹介しました。…

  4. 好きなことをやるのではなく、嫌なことはやめるとい…

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  5. 松浦弥太郎さんから考える、「ていねいな暮らし」と…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

  6. 筒井康隆『時をかける少女』は時をかけて読まれる小…

    時をかけて読まれる小説札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開…

  7. わたしの読書習慣を変えた1冊。

    朝起きたら、外が白かったです。とうとう冬のシーズン突入といった感じです。…

  8. 雨の音を聴く

    今日の札幌の天気は雨です。一気にザッと降り始め、それからずっと降り続い…

Twitter でフォロー

PAGE TOP