同じ情報には何度も触れる

読書会情報

ブログを書こうと思ったタイミングにいつも思い浮かぶことがあります。

それは「今日は何を書こう」「これ前にも書いたっけ?」です。

札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

ブレイン・プログラミング

以前の読書会でも紹介した一冊です。

この本によると人間は脳に新しい考えが定着するまでに6回はその情報に触れる必要があるとのことです。

つまり、何回でもむしろ6回は同じ内容ですとか伝えたいことを書いていっていいということになります。

 

この本は、脳の仕組みを利用した目標を達成するための手法について書かれています。

なぜということころまで書かれているので非常に納得できます。

あとは同じ内容が何度も形を変えて書かれていますので、非常にすんなりと自分の考えとして吸収することができます。

目標達成の具体的な方法について学んでみたい方にオススメの一冊です。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!

noteもやってます

自己紹介


小さな行動から全ては始まる。

毎日成長するためにできること

関連記事

  1. くすみ書房・久住邦晴氏から学ぶ奇跡を起こすために必要なこと

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで癒しを与えるビブリオセラ…

  2. 『終末のフール』から学ぶ、明日死ぬとしても後悔しない生き方をする…

    わたしが文章を書こうと思ったときはさて何を書こうから始まります。札幌で読書会をやってます、井田祥…

  3. 20%を見極める。

    努力って方向性が大切だよねというようなお話を以前書きました。札幌で読書会をやってます、井田祥吾(…

  4. 自分の強み知っていますか?

    自分の強みとか長所ってなかなかわからないですよね。自己紹介の長所欄に何を書いていいのか、わたしは…

  5. 筒井康隆『時をかける少女』は時をかけて読まれる小説である

    時をかけて読まれる小説札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラ…

  6. サラバ!は何かをしたい衝動に駆られる小説

    ゴールデンウィーク終わりましたね。いかがお過ごしでしょうか?札幌で読書会をやってます、井田祥吾(…

  7. 本を生活の一部にする

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です…

  8. 読書のアウトプットのススメとその方法

    本との出合いは人との出会いと同じだと思っています。札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会…

読書会情報はこちらから!

友だち追加
PAGE TOP