読め読めハラスメントに注意!

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回のテーマは、『読むことを強要すること』についてです。

先日、このようなツイートをしました。

初対面の方と話すと趣味の話をすることありますよね?

そのときに「読書が趣味です」と答えると、すぐに「おすすめの本ありませんか?」と聞かれることがあります。

この質問はなかなか手強いです。

会ったばかりの人に本の紹介をすることほどむずかしいことはありません。

どんな人かもわからなければ、本を普段読むのかもわかりません。

なので、そういうときは無難に最近読んだ本を紹介して機会があれば読んでみてくださいねとお伝えしています。

 

ある程度の関係性ができてきたり、要望がはっきりとしている場合はおすすめ本を紹介しやすいです。

 

その一方で気をつけなければいけないこともあります。

それは相手に本を読むことを押し付けていないかどうかです。

なんの流れか本の話になり、貸しました。

半年くらいして返ってきたのですが「むずかしくて読めませんでした」ということでした。

このときにわたしが思ったのは「この本はいい」という善意の押しつけだったんじゃないかということです。

 

それからはまずは相手の「読みたい、借りたい」の声を聞くまではこちらから貸すことを提案しない。

いい本だから読みなさいと押しつけないように心がけるようになりました。

 

強制される読書ほど退屈になってしまうものはありません。

読むことを強要する読め読めハラスメントには気をつけたいものです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


無理をしないは「ちょうどいい」

紙の本のライバルは?

関連記事

  1. 本の帯どうしてますか?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 物語は誰にも書ける

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会の主宰をしています、読書セラ…

  3. 「#本棚の10冊で自分を表現する」ってなんだ?

    次回5月22日の読書会の補足というかご案内です。SNSをやっている方は結…

  4. その本は本当に読みたいですか?

    毎日のように本を読んでいます。読んでいて徐々に終わりが近づくと、もう少し…

  5. 本を貸す前にしておきたいこと

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、札幌ゼロ読書…

  6. 本で人生は変わるのか?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. 着る服を選ぶように書評をします。

    「今日は何を着て行こうかな」と迷うことはありますか?学生時代であれば制服…

  8. どんな本も自分を啓発してくれる

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

Twitter でフォロー

PAGE TOP