本と映画、どっちが先?

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

本と映画どっちが先がいいか問題というのがあります。

ない! という方はいま作られたものだと思っていただけると幸いです。

これに対してわたしの中には一定の答えがあるので今日はそれについて書いていこうと思います。

本と映画どっちが先?

結論としてはケースバイケースです。

本が先のこともあれば、映画が先のことがあります。

ただ、映画が先でそこから本が作られるというケースは少ないということです。

ここで指す本は原作ことでもあり、映画の脚本でもあります。

元がつまらないものが映像化されて面白くなるということは考えにくいことです。

 

本を読むという行為には想像力が必要です。

想像力を駆使して自分の中にイメージを思い浮かべて読んでいきます。

そうすると実際に映画を観たときになんか違うという違和感を感じることもあるでしょう。

また原作をそっくりそのまま映画にしない、要するに脚色を加える場合もあるので、それは違うと感じることもあるかと思います。

それを防ぐには映画を先にみるしかありません。

映画を先に観ればなんとなくの頭の映像化がしやすくなります。

本が苦手という人は先に映画がいいかもしれません。

 

わたしは映画を勧めらた場合は素直に先に映画をみます。

原作が面白かったからといって映画を観るとは限りません。

この本と映画どっちが先、は議論の余地がありそうです。

何かご意見あったら聞かせてください。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


河合隼雄『こころの処方箋』で常識を知る

創造力とは因数分解する力である

関連記事

  1. 読書会主宰の二人が語る!読書会の魅力とは?

    読書会主宰の二人が語る!読書会の魅力とは?2020年4月20日に…

  2. いつか点と点がつながる

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 目的をはっきりさせた後にすること

    前回の続きです。前回は本をやみくもに読むのではなく、まずどの本を読む目標…

  4. Talkstand読書会がおもしろい!

    ありがとうございます!!#talkstand でお互いのおすすめの本を紹介…

  5. 本好きの輪を広げるために

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 未来の自分に向けての読書感想文

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. 本の感想の伝え方

    本を読んだらアウトプットすることが大切ということはこのブログでも自分の経験か…

  8. 速読って本当に必要ですか?

    速く本を読めるようになりたいという人はたくさんいらっしゃると思います。実…

Twitter でフォロー

PAGE TOP