本は何回読んでいますか?

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

本は何度も触れることで血となり肉となるんじゃないかというお話をします。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、読書療法士の井田祥吾(@shogogo0301)です。

 

読みたいと思った本を読んでいくというのを以前書きました。

どういう風に読んでいくかについてちょっと触れておこうと思います。

わたしはフォトリーディングという手法を使って読んでいますがガッチガチにその型にハマって読んでいるという訳ではありません。

フォトリーディングは読書法というよりも潜在意識を活用しているという感がわたしの中で強いので論理では説明できないという感覚があります。

だからそれを使うことによっていい結果に繋がっていたらいいなくらいの感覚です。

基本的には黙読しますが、超高速という訳ではないので意味を理解しながら読みます。

極端に速い訳ではありません。

自分のペースを保って読んでいます。

 

ただ一回読んだだけで覚えることはむずかしいと思っているので良いと思った情報には何度も触れるようにしています。

一回読んでよかったと思えてもそれだけでは自分の情報として使えるかは微妙です。

それだけでは単なる気づきで終わってしまうでしょう。

 

そうならないためにも振り返りやすい仕組みを作ることが大切です。

わたしがやっている例でいうと印象に残ったところの角を折るようにしています。

ドッグイヤーと呼ばれているものです。

次に読むときはまずはこのドッグイヤーをしたところをチェックすればいいのです。

さらに理解を深めたければまた読めばいいのです。

そのドッグイヤーをしたところを一枚のシートにまとめるのもおすすめです。

わたしはEvernoteに書き出してリマインダーを設定しています。

こうすると強制的に本の内容を復習することができます。

 

本の内容は何度も触れることによって自分の身となります。

おすすめの方法があったら教えてください!

(eye catching photo by chiho)

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


本は直感で選んでみるのもおすすめ

伊坂幸太郎『マリアビートル』

関連記事

  1. 読書と投球術の関係

    昔話をちょこっとします。兄の影響で小学2年生から野球をはじめました。…

  2. わたしの図書館活用術

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカ…

  3. 読みたい本をこれからも読みたい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. 読書における量か質のどちらか問題

    読書における量か質、どちらが大切かと聞かれたら、最初は「量」だとわたしは答…

  5. なるべく著者の近いもので教わる

    なるべく著書の近くで教わるのが大切だと思っています。「本を語る、人と繋が…

  6. 得たい情報を得るために

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。以前…

  7. 本を読むモチベーションをどうやって維持するか。

    本って習慣化させるのは大変なところがあるかもしれませんが、なってしまうと逆に…

  8. 積読する前にやっておくべきたったひとつのこと

    本を買ったものの読まずに積んでしまっている本ってありませんか?俗にいう積…

Twitter でフォロー

PAGE TOP