本に向き合うことは著者と向き合うこと

毎日のように本を読むのは本から計り知れない恩恵を受けることができることを日々感じていることに他なりません。

でも本と言うのは妥協の産物でしかありません。

教科書が配られてそれで勉強できれば授業というものは必要ありません。

逆にいうと教科書というのは授業があることが前提として作られていると言えるかもしれません。

大学受験のときに知ったのですが、一方の参考書はそれで完結しなければいけないので読んで理解できないものは自分のレベルに合わないか粗悪なものと呼べるそうです。

最近はYouTubeと組み合わせることで威力を発揮する参考書なんてものもあってもおかしくないですね。

ちょっと横道にそれましたが本は著者の考えがまとめられたものです。

過去の偉人で本を残さず弟子が記したという場合もありますが、基本的には著者の主張が収められています。

それを好きなタイミングで数千円を払えば手に入れることができます。

場所も選ばなければ時代をさかのぼることもできます。

しかしここで注意したいのは本に頼るのが全てではないということです。

その知識を持った人と話をできるならば直接話をした方が早いし、ライブ感があった方が絶対に吸収も効率的です。

この直接教えをもらいにいく感覚は本を読むときにも大切だと思っています。

ダラダラと読むことなく、メリハリをつけながら読むことが大切ですね。

(eye catching photo by chiho)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




毎日note更新してます!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


気分の波を乗りこなす

本は上向きのベクトルを与えてくれるもの

関連記事

  1. どんな読書会をやっているのか?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、…

  2. 人に本を紹介してもらう意味は何なのか?

    毎月2〜3回くらい読書会を開催しています。これまで本の紹介型の「本の話を…

  3. 遠回りでも本を読んで考えて学びたい

    毎日のように本を読んでいます。本を読んでいると関係ないことを思い浮かぶこ…

  4. その本は本当に読みたいですか?

    毎日のように本を読んでいます。読んでいて徐々に終わりが近づくと、もう少し…

  5. 情報は相手に届いてこそ意味がある

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  6. 本を読む動機はなんだっていい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. 翻訳は文字の置き換えではない

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. 言葉を尽くして語りたい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP