本は上向きのベクトルを与えてくれるもの

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

本を読むのが好きです。

本を読まない日はありません。

一人暮らしを始めるときも本が読めればいいと思い、テレビは購入しませんでした。

実際テレビを見れなくて困ったことはなく、新聞の購読はしているので世間のニュースから置いていかれることはなく生活を送れているんじゃないかという感じがしています。

どんな本を読んでいるんですか? と聞かれますが、基本的には自分が興味をもった読みたいと思った本を読むようにしています。

読書というのは少なくとも字を追うというストレス行為なので、疲れます。

つまらないと感じながら読むことほど時間がもったいないことはありません。

なので自分が読みたいと思った本を読むことでストレス負荷が少なくなるようにしています。

そうして読んでいくわけですが、読書というのは上向きのプラスに向かうベクトルを持っているなと感じます。

生きるヒントをもらえたり生活改善のヒントをもらえたりします。

具体的な何かでなくてもちょっと心が楽になったり、気持ちがスッキリすることもあります。

上向きのベクトルといっても種類があります。

何か問題があってマイナスから0に向かうものがあります。

これは問題解決に近いかなと思います。

スキルの習得もこちらに含まれます。

どちらかといえば目的志向であり大変なところがあるかもしれません。

もう一つは0からプラスに向かうものです。

こちらは娯楽などの楽しいものが多いと思っています。

 

どちらが大事ということではなくどちらも大事です。

読書家さんの中には「本に疲れたら違う本を読む」という方もいらっしゃいます。

それはまさしく違うベクトルを持った本を読むということではないでしょうか?

 

読みたい気持ちはあるけれどもなかなか気が進まないときは違うジャンルの本を読んでみるのがいいかもしれません。

(eye catching photo by chiho)

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




書いている人


本に向き合うことは著者と向き合うこと

『また、あなたとブッククラブで』を観に行きました!

関連記事

  1. 読書会の始め方

    人気検索キーワードを眺めていたら「札幌ゼロ読書界」というものがありました。…

  2. 本はなるべく手元に置いておきたい

    年間の読書量は150冊から200冊くらいになります。基本的には新刊本を購…

  3. 北海道新聞に紹介されました

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  4. あなたの読書のお供はなんですか?

    今日の話題は「読書のお供」です。「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で…

  5. 読書療法士を名乗るわたしの本との付き合い方

    先日こんなツイートをしました。https://twitter.com/s…

  6. 本を読めば借り物の言葉でも語れる

    最近本読んでいますか?札幌ゼロ読書会主宰の井田祥吾です。コロナウイル…

  7. 名刺代わりの小説10選

    SNSのタグ付けを追っかけることがあります。今回おもしろいなと思ってやっ…

  8. 物事は小さく始めてみる

    ここ最近の生活の、小さな違和感として感じていたことなのですが、もっと本を読め…

Twitter でフォロー

PAGE TOP