与えられた5分で何を話すか?

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回は、本の紹介時間について書いていきます。

読書会では本の紹介をしてもらっています。

ビブリオバトルはルールで「5分間」と決まっていますが、本の紹介交流型の「本の話をしよう」でも「だいたい5分くらい」としています。

自分でルールを決める場合もだいたい5分としたのは人の話をじっくりと聞くことができるちょうどいい時間って5分くらいじゃないかなと思ったのがきっかけでした。

実際にやってみるとその通りなんじゃないかなという感覚あります。

何冊も紹介してもらうには5分だと短くなってしまいます。

紹介テーマを「本棚の10冊で自分を表現する」にしたときは、一冊あたり30秒になってしまうのでカツカツでした。

一冊の本に対して、「どんな本か?」「何を学んだか?」「どう活かしていくか?」などの視点をバランスよく配分していくと気持ち良く5分くらいになります。

まだまだ自分も勉強する立場ですが、読書会を通してプレゼン能力を学んでいきたいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい1日をお過ごしください!

(eye catching photo by chiho)

 

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


トム・ラス『「向いてる仕事」を見つけよう』(ダイヤモンド社)

ハズレ本を引かないためには?

関連記事

  1. 何を持って本は読んだと言えるのか?

    コロナウイルスの影響で家でのんびりする時間が多くなっているという方も多くなっ…

  2. 読みたい本をこれからも読みたい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 本と映画、どっちが先?

    本と映画どっちが先がいいか問題というのがあります。ない! という方はいま…

  4. 言葉を尽くして語りたい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. 読書と投球術の関係

    昔話をちょこっとします。兄の影響で小学2年生から野球をはじめました。…

  6. 本はいつでも誰かを救ってくれる

    「どうやったら本を使ったビジネスが展開できるでしょうか?」以前このような…

  7. 面白い本との出合い方

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. 情報は相手に届いてこそ意味がある

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

Twitter でフォロー

PAGE TOP