与えられた5分で何を話すか?

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。



メールでの参加申し込みは、



読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を入力の上ご連絡ください。

今日のブログ

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回は、本の紹介時間について書いていきます。

読書会では本の紹介をしてもらっています。

ビブリオバトルはルールで「5分間」と決まっていますが、本の紹介交流型の「本の話をしよう」でも「だいたい5分くらい」としています。

自分でルールを決める場合もだいたい5分としたのは人の話をじっくりと聞くことができるちょうどいい時間って5分くらいじゃないかなと思ったのがきっかけでした。

実際にやってみるとその通りなんじゃないかなという感覚あります。

何冊も紹介してもらうには5分だと短くなってしまいます。

紹介テーマを「本棚の10冊で自分を表現する」にしたときは、一冊あたり30秒になってしまうのでカツカツでした。

一冊の本に対して、「どんな本か?」「何を学んだか?」「どう活かしていくか?」などの視点をバランスよく配分していくと気持ち良く5分くらいになります。

まだまだ自分も勉強する立場ですが、読書会を通してプレゼン能力を学んでいきたいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい1日をお過ごしください!

(eye catching photo by chiho)

 

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


トム・ラス『「向いてる仕事」を見つけよう』(ダイヤモンド社)

ハズレ本を引かないためには?

関連記事

  1. 本を読むのは、話を聴くこと

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 「#本棚の10冊で自分を表現する」ってなんだ?

    次回5月22日の読書会の補足というかご案内です。SNSをやっている方は結…

  3. 本を読む目的を明確にする

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. 情報は相手に届いてこそ意味がある

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  5. 本はなるべく手元に置いておきたい

    年間の読書量は150冊から200冊くらいになります。基本的には新刊本を購…

  6. 名言を探すように読んでみるのもあり

    こんな小説の読み方があってもいいんじゃないかということについて書いていきます…

  7. 本を読まない人は一次情報でしか語れない。

    過去にこんなツイートをしていました。https://twitter.co…

  8. 名刺代わりの小説10選

    SNSのタグ付けを追っかけることがあります。今回おもしろいなと思ってやっ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP