与えられた5分で何を話すか?

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回は、本の紹介時間について書いていきます。

読書会では本の紹介をしてもらっています。

ビブリオバトルはルールで「5分間」と決まっていますが、本の紹介交流型の「本の話をしよう」でも「だいたい5分くらい」としています。

自分でルールを決める場合もだいたい5分としたのは人の話をじっくりと聞くことができるちょうどいい時間って5分くらいじゃないかなと思ったのがきっかけでした。

実際にやってみるとその通りなんじゃないかなという感覚あります。

何冊も紹介してもらうには5分だと短くなってしまいます。

紹介テーマを「本棚の10冊で自分を表現する」にしたときは、一冊あたり30秒になってしまうのでカツカツでした。

一冊の本に対して、「どんな本か?」「何を学んだか?」「どう活かしていくか?」などの視点をバランスよく配分していくと気持ち良く5分くらいになります。

まだまだ自分も勉強する立場ですが、読書会を通してプレゼン能力を学んでいきたいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい1日をお過ごしください!

(eye catching photo by chiho)

 

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


トム・ラス『「向いてる仕事」を見つけよう』(ダイヤモンド社)

ハズレ本を引かないためには?

関連記事

  1. 本を貸すときのおすすめ。

    本好きなので本を貸すことが結構あります。本好きが本好きに対して貸すときは…

  2. なるべく著者の近いもので教わる

    なるべく著書の近くで教わるのが大切だと思っています。「本を語る、人と繋が…

  3. 本はいつ読むべきなのか?

    これは読書家さんに聞いてみたいことでもあるのですが、いつ本を読んでいるのでし…

  4. 人に本を紹介してもらう意味は何なのか?

    毎月2〜3回くらい読書会を開催しています。これまで本の紹介型の「本の話を…

  5. 本はいつでも誰かを救ってくれる

    「どうやったら本を使ったビジネスが展開できるでしょうか?」以前このような…

  6. 読書における量か質のどちらか問題

    読書における量か質、どちらが大切かと聞かれたら、最初は「量」だとわたしは答…

  7. 着る服を選ぶように書評をします。

    「今日は何を着て行こうかな」と迷うことはありますか?学生時代であれば制服…

  8. Talkstand読書会がおもしろい!

    ありがとうございます!!#talkstand でお互いのおすすめの本を紹介…

Twitter でフォロー

PAGE TOP