ハズレ本を引かないためには?

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回は、「ハズレ本を引かないためには?」というテーマでお話をしていきます。

 

あなたには読んだ結果失敗したなという経験はありますか?

最近のわたしはあまりありません。

それは決して特別なことをやっているわけでもむずかしいことでもありません。

ちょっとした心がけですぐにできることばかりです。

 

まず、本は身銭を切って買うことを前提としています。

今月の書籍代がちょっと……という場合は図書館で借りて読むこともありますが、基本的には本屋さんで新刊を購入しています。

お金を払って買ったんだからその分吸収しなきゃという気持ちがはたらき読むことができます。

 

屁理屈のように思われるかもしれませんが、買って読んでみても読むタイミングはいまじゃないと感じた本はそっと本棚に戻しています。

食べ物に旬があるように、本にも読むタイミングがあります。

今じゃないと思ったら積読にしましょう。

またいつか読むタイミングはやってきます。

読む意味があると思っている本を読み進めているので当然ながら最後まで読むことができます。

このあたりが結構大きかったりします。

 

それでも最近は手にとって挫折をする本というのも少なくなってきました。

自分の選書センスに自信が持ててきたのはおそらく読書記録が1,000冊を超えてきたあたりです。

今まで読んできた実績と勘から本を手にとってパラパラと眺めるだけでどんな本かつかめるようになってきます。

 

そのためにはやはり本を手にとって読んでみるということです。

極論を言えば、本を読もうとしなければハズレ本を引くことはありません。

打席に立たなければ凡退することがないのと同じです。

ここにボールが来ればヒットが打てるだろうという感覚は、きっとこの本は面白そうという感覚に似ています。

読んでみなきゃ結果はわからないのでとりあえず読んでみるというのがいいはずです。

臆せずチャレンジしてみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい1日をお過ごしください!

(eye catching photo by chiho)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


与えられた5分で何を話すか?

『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい』

関連記事

  1. 好きな本を言語化できるともっと好きになれる。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  2. 読書会に何を求めるのか?

    先日、北海道新聞の『人トーク』に読書会主宰者として紹介いただきました。…

  3. 読書家にオススメの本は聞いてはいけない。

    今日は本を紹介することについて書いてみようと思います。一度は誰もがやった…

  4. 未来の自分に向けての読書感想文

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. 名言を探すように読んでみるのもあり

    こんな小説の読み方があってもいいんじゃないかということについて書いていきます…

  6. 歴史小説が苦手だけれども、

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  7. 入院してます

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  8. あなたの読書のお供はなんですか?

    今日の話題は「読書のお供」です。「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で…

Twitter でフォロー

PAGE TOP