どんな読書会をやっているのか?

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで癒しと安らぎを与える読書療法士の井田祥吾(@shogogo0301)です。

2020/07/10は読書会「本の話をしよう」を開催しました。

どんな読書会なのか改めて書いておきます。

テーマを決めて行うこともありますが、基本的には「好きな本を紹介してもらう」会となっています。

自分が紹介したい本がもっと好きになったらいいなと思っています。

基本的に紹介する本の形式に決まりはありません。

事典、パンフレットや洋書などを紹介された方もいらっしゃいました。

ここで、注意して欲しいのは紹介しやすいというのと好きな本が異なる場合があるということです。

ミステリーはネタバレしそうだから好きだけどやめておこう、とは思ってほしくないのです。

 

そこで、使っているのがリードフォーアクションという読書会の形式です。

「読んで繋がる、力に変える」をテーマにした行動につなげるための読書会です。

いくつかステップがあるのですが、著者に聞きたい質問を作るというのが特徴的です。

その集まった質問を元に発表をしてもいいですよというスタイルです。

質問によって相手の理解度や関心を図ることができます。

ミステリーに対して「犯人は誰?」と質問する人はいないでしょう。

数学の本を紹介しようと思ったときに因数分解までは理解しているんだなと分かればそれに合わせて話をすることもできるわけです。

質問はそのように発表の補助とすることができます。

 

読書会もひとつの読書体験です。

あぁ、楽しかったで終わってしまうのは何だかもったいないような気もします。

そこで最後にベイビーステップを決めてもらっています。

ベイビーステップとは、赤ちゃんの最初の一歩です。

馬鹿馬鹿しいくらい失敗できないくらいの最初の小さな一歩を決めて読書会は終了となります。

はじめは頭が混乱するところもあるかもしれませんが、コツをつかめると楽しめます。

ぜひ、ご参加をお待ちしております。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


瀧本哲史『2020年6月30日にまたここで会おう』

『「感謝」で思考は現実になる』〜続けてみてわかったこと〜

関連記事

  1. 電子書籍ってどうなの? にお答えします。

    こんな質問をいただきました。電子書籍を利用してみようと思っていますがいか…

  2. 本は直感で選んでみるのもおすすめ

    先日お話をしていてこのようなことを聞かれました。「井田くんはどんな基準で…

  3. その本、本当に読みたいですか?

    本好きなので色々な人に本を貸しています。最近では「本当に読みたい?」と意…

  4. 北海道新聞に紹介されました

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  5. 本選びは友だちと仲良くなる感覚で

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 本を読むことは未来に対する自分への投資だ。

    先日このようなつぶやきをしました。https://twitter.com…

  7. 本を読んで良かったと思える人生を送りたい

    本を読んで良かったと思える人生を送りたいそれなりに本を読んできた人間と…

  8. 本はいつでも誰かを救ってくれる

    「どうやったら本を使ったビジネスが展開できるでしょうか?」以前このような…

Twitter でフォロー

PAGE TOP