情報は相手に届いてこそ意味がある

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで癒しを与えるビブリオセラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

情報発信としての本の役割とは

わたしは文章を書くのが好きです。

文章を書くのが好きになったのは、小学校低学年のときに作文のコンクールに選ばれたことがきっかけかなと思います。

こういう文章を書けば先生は選んでくれるかな、なんて考えながら書いていました。

文章という情報のかたまりは読み手があって初めて成立することです。

その情報のかたまりをある程度の分量や読みやすさを精査したものが本であるとわたしは考えています。

今でこそ電子書籍等が普及しているので、紙の束になっているということにこだわる必要はないと思います。

本の本質は情報にある

本の本質は情報です。

それは面白いストーリーかもしれませんし、明日役にたつ情報かもしれません。

しかしこの有益な情報でも相手に届かなければ意味がありません。

情報は相手に届いてこそ意味があるのです。

そういう意味では野球のピッチャーの心理と似ているのかもしれません。

キャッチャーが捕球できるボールを投げるのが大前提です。

キャッチャーが捕球できるボールの中で配球を組み立てなければいけないわけです。

あなたは三振をとろうと思いました。

3回目のストライクを取らないと三振にはなりません。

ボール球でもいいので空振りをさせるか、ストライクを投げて見逃しさせるかです。

 

時と場合によって戦術は変わってきます。

どんなに豪速球だろうとキャッチャーが取れないのでは意味がありません。

キャッチャーという受け手がいることを意識して、どんなボールを投げようかと対峙するのが大切ですね。

基本的に本を読むという行為は、著者という投手が本というボールを投げてキャッチャーである読者が受け取るという構図かなと思います。

キャッチャーである読者はボールを投手の元に返します。

それが感想であっても、ほかの人にシェアするでもいいと思います。

受け手ばっかりだとインプット疲れしてしまうのでうまく情報発信をしてみるのがいいのではないかと思います。

 

捕手から投手への返球でもドラマは生まれます。

ということでオールスターゲームでの新庄剛志選手のホームスチールを貼っておきます。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


夢からヒントを得る

過去は変えられるし、未来はやり直せる

関連記事

  1. 名言を探すように読んでみるのもあり

    こんな小説の読み方があってもいいんじゃないかということについて書いていきます…

  2. 本を読む目的を明確にする

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. どんな読書会をやっているのか?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、…

  4. 得たい情報を得るために

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。以前…

  5. 行かない本棚にも寄ってみる

    先日の読書会のフリートークで「本屋さんで普段行かない本棚は?」という話になり…

  6. 本はいつ読むべきなのか?

    これは読書家さんに聞いてみたいことでもあるのですが、いつ本を読んでいるのでし…

  7. 自分が読みたいと思った本を読む

    一年間にどれだけの本が刊行されているかご存知でしょうか?統計局のデータに…

  8. いつか点と点がつながる

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP