本を読むことは未来に対する自分への投資だ。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

先日このようなつぶやきをしました。

一桁が多いのですが、めずらしく私にとっては多くのいいねをいただきました。

ちょっと深掘りをしてみようと思います。

本と一言で言っても様々なジャンルがあり、目的も異なります。

物語の世界を楽しんでそれで満足できるものもあれば、スキルの習得や向上を目的にしたものはそれが実際に身につかないと読んだとが言えないのかもしれません。

今までどれくらいの本を読んできたかは定かではありません。

とても恩恵を受けた本もあればいまいちピンとこなくて手放した本もあります。

でもそれらの経験は決して無駄にはなっていないと思っています。

 

つぶやきにも書いた通り、本を読むというのは未来への投資だと思っています。

スキル系の習得は「今」に近い直近の未来であり、自分を磨くために読む古典はいつ効果が出るかわからない遠い未来という印象です。

世間一般の人よりかは本を読んできた自負があります。

本を読んだことで人生がかわりましたと声高々にいうほどの生活をしている自信はありません。

それでも、どっちがよかったかは別として本を読んでこなければ今とは全く人生を歩んでいただろうとは思います。

今は本を読んできた人生でよかったと思っています。

今読んでいる目の前の本が読んだことすら忘れた頃にもしかしたら効果としてあらわれてくるかもしれません。

そう考えると今日もワクワクしながら本を読みたいなと思います。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


名刺代わりの小説10選

エーリッヒ・フロム『愛するということ』を読んで

関連記事

  1. 着る服を選ぶように書評をします。

    「今日は何を着て行こうかな」と迷うことはありますか?学生時代であれば制服…

  2. 本はなるべく手元に置いておきたい

    年間の読書量は150冊から200冊くらいになります。基本的には新刊本を購…

  3. 本は汚して読んでもいい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. 自分が読みたいと思った本を読む

    一年間にどれだけの本が刊行されているかご存知でしょうか?統計局のデータに…

  5. 本は何回読んでいますか?

    本は何度も触れることで血となり肉となるんじゃないかというお話をします。「…

  6. 読書における量か質のどちらか問題

    読書における量か質、どちらが大切かと聞かれたら、最初は「量」だとわたしは答…

  7. 問いを通して対話を深める

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。内沼…

  8. わたしの図書館活用術

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP