本を読むことは未来に対する自分への投資だ。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

先日このようなつぶやきをしました。

一桁が多いのですが、めずらしく私にとっては多くのいいねをいただきました。

ちょっと深掘りをしてみようと思います。

本と一言で言っても様々なジャンルがあり、目的も異なります。

物語の世界を楽しんでそれで満足できるものもあれば、スキルの習得や向上を目的にしたものはそれが実際に身につかないと読んだとが言えないのかもしれません。

今までどれくらいの本を読んできたかは定かではありません。

とても恩恵を受けた本もあればいまいちピンとこなくて手放した本もあります。

でもそれらの経験は決して無駄にはなっていないと思っています。

 

つぶやきにも書いた通り、本を読むというのは未来への投資だと思っています。

スキル系の習得は「今」に近い直近の未来であり、自分を磨くために読む古典はいつ効果が出るかわからない遠い未来という印象です。

世間一般の人よりかは本を読んできた自負があります。

本を読んだことで人生がかわりましたと声高々にいうほどの生活をしている自信はありません。

それでも、どっちがよかったかは別として本を読んでこなければ今とは全く人生を歩んでいただろうとは思います。

今は本を読んできた人生でよかったと思っています。

今読んでいる目の前の本が読んだことすら忘れた頃にもしかしたら効果としてあらわれてくるかもしれません。

そう考えると今日もワクワクしながら本を読みたいなと思います。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




書いている人


名刺代わりの小説10選

エーリッヒ・フロム『愛するということ』を読んで

関連記事

  1. 本はモノなのか? 体験なのか?

    「モノより思い出」日産セレナに使われたコピーで聞いたことがある方が多いか…

  2. 本を貸すときのおすすめ。

    本好きなので本を貸すことが結構あります。本好きが本好きに対して貸すときは…

  3. 読書家にオススメの本は聞いてはいけない。

    今日は本を紹介することについて書いてみようと思います。一度は誰もがやった…

  4. 本屋さんは脳内旅行⁉︎

    先日、こんなツイートをしました。本屋さんをぐるぐるまわるのは脳内旅行を…

  5. 読書会に何を求めるのか?

    先日、北海道新聞の『人トーク』に読書会主宰者として紹介いただきました。…

  6. 読書における量か質のどちらか問題

    読書における量か質、どちらが大切かと聞かれたら、最初は「量」だとわたしは答…

  7. 読書の心構えは、「十を読んで一を知る」。

    読書の心構えは、「十を読んで一を知る」。コロナウイルスによる緊急事態宣言…

  8. 本を読んで良かったと思える人生を送りたい

    本を読んで良かったと思える人生を送りたいそれなりに本を読んできた人間と…

Twitter でフォロー

PAGE TOP