メッセージは読み取れなくてもいい。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、札幌ゼロ読書会主宰の井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回のテーマは「メッセージは読み取れなくてもいい」ということで主に小説を読む際のお話です。

先日こんなツイートをしました。

わたしは自分自身のことを乱読派と言っています。

読むジャンルを固定するのではなく、読みたいと思った本を手当たり次第読んでいます。

苦手なジャンルもありますが積極的に読んでいます。

小説の楽しみ方は色々あると思っています。

ミステリーなどは単純にトリックを重視して楽しむのもありかなと思っています。

注意点としては必ずしも著者は明確なメッセージを用意してそれを伝えようとして小説を書いている訳ではないということです。

もちろんメッセージがあってこれについて考えてほしいと投げかけてくるものもあります。

しかし、それが全てではないということです。

自分の中にあるメッセージを探すために書いている作家さんとしては村上春樹さんや伊坂幸太郎さんがエッセイを読む限り当てはまるかなと思っています。

言語化できない何かが残っているという感覚も読書をする上で大切な視点だと思っています。

ただ、ビジネス書からは具体的な実践行動予定まで立てたいです。

(eye catching photo by chiho)

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


出る杭になる覚悟と出る場所を選ぶこと

致知2021年4月号 特集『稲盛和夫に学ぶ人間学』

関連記事

  1. 着る服を選ぶように書評をします。

    「今日は何を着て行こうかな」と迷うことはありますか?学生時代であれば制服…

  2. 本はなるべく手元に置いておきたい

    年間の読書量は150冊から200冊くらいになります。基本的には新刊本を購…

  3. 本は汚して読んでもいい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. 行かない本棚にも寄ってみる

    先日の読書会のフリートークで「本屋さんで普段行かない本棚は?」という話になり…

  5. 本は直感で選んでみるのもおすすめ

    先日お話をしていてこのようなことを聞かれました。「井田くんはどんな基準で…

  6. 読書における量か質のどちらか問題

    読書における量か質、どちらが大切かと聞かれたら、最初は「量」だとわたしは答…

  7. 問いを通して対話を深める

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。内沼…

  8. わたしの図書館活用術

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP