出る杭になる覚悟と出る場所を選ぶこと

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、札幌ゼロ読書会主宰の井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回のテーマは「出る杭になる覚悟と出る場所を選ぶこと」というテーマです。

ことわざってすごいなと思っています。

昔の人たちが考えた英知が詰まっているものだと思います。

何よりも誰が言い始めたか残っていないという点が時代を経て語り継がれてきたという感があるのが好きです。

 

それでも今の時代にそぐわないところもあるでしょうし、アップデートされるものがあっても良いと思います。

 

先日、このような話を聞きました。

今の時代は同質なものであふれている。

成功するためには人と異ならなければいけない。

そこで必要なのは、「出る覚悟」だ。

出ても打たれない杭になれば良い。

という内容でした。

確かにその通りだなと思いました。

その内容を自分の中で反芻してみたのですが、もう一点自分が活動をしたい場所、すなわち「出る」場所を選ぶことも大切なんじゃないかと思いました。

自分が活躍できる、もしくはしたい場所を選んでそこで自立できるように努力を重ねていくのがいいのではないかと思っています。

 

わたし自身はこれからも模索していきたいと思っています。

(eye catching photo by chiho)

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


If then planninngで習慣を味方にする

メッセージは読み取れなくてもいい。

関連記事

  1. 2人でも読書会はできる。

    この間、読書会の打ち合わせのため2人でカフェで読書会のデモンストレーションを…

  2. 良い文章は読んだ先の行動がデザインされている

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  3. 本を通して、自分を見つめる読書会に。

    札幌もだいぶ寒くなってきましたね。わたしの部屋の温度は10度になっていま…

  4. NOスクリーンタイムをやってみた!

    本というのは人そのものだと思っています。親友のような人もいれば、挨拶程度…

  5. 古本屋さんには偶然の出逢いがある

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。わた…

  6. 「実践する読書家」から「ブックセラピスト」へ

    ゴールデンウィークも後半に入りましたね。札幌で「本を語る、人と繋がる」を…

  7. 誰かを救う文章を書きたい

    これはブログに書きたいという出来事はそうそう頻繁には起こらないものです。…

  8. アインシュタインという哲学者。

    時間は大事。時間は大事。何回言っても言いすぎることがないことですね。何を…

Twitter でフォロー

PAGE TOP