いくら分の本を読んでいますか?

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています。

 

本を読むのには当然ながら本の手元に用意しなければいけません。

わたしの場合は購入をして読むことが多いです。

図書館を利用して読むこともありますが、そこまで多くはありません。

予約をしなければ読めない本は自分が読みたいと思った旬の時期を逃してしまったり、結果としてもっと早く読んでいればよかったと思ったりすることが多いので、なるべく減らそうと思っています。

購入した本であれば気にせずにどんどん折り目をつけたり、書き込んだりすることができます。

それができずにいちいちメモを用意したりしなければいけないのが借りた本の場合の最大の弱点かなと思っています。

 

買うからには当然お金がかかります。

本はコストパフォーマンスが良いですが、決して安い買い物ではありません。

文庫本は千円弱ですが、買ったはいいものの読まなければ何も得ることはありません。

いつでも手に取ることができる状態にするのが買っておくことの最大のメリットです。

 

本の記録の仕方として読んだ冊数を管理していくのが一般的かなと思います。

わたしも月初に前の月の読んだ本のまとめをしています。

そこに読んだ本の値段を追加してみようかと思うのです。

冊数は意識することがあっても、本の値段というのは買うときにしかしないものでした。

いくら分読んだかに意識をすると違ったことも見えてくるんじゃないかという気がしています。

とりあえず試してみます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


杉山大二郎『至高の営業』(幻冬舎)

竹村俊介『書くのがしんどい』(PHP)

関連記事

  1. 積読を認めよう!

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 目の前の本をもっと楽しもう!

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 渾身の一行を探しながら読む

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

  4. 時間がないから本が読めないのではなく、本を読まな…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

  5. 今日も本は誰かを救ってくれる

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 読書における量か質のどちらか問題

    読書における量か質、どちらが大切かと聞かれたら、最初は「量」だとわたしは答…

  7. 本で人生は変わるのか?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. 与えられた5分で何を話すか?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP