いくら分の本を読んでいますか?

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています。

 

本を読むのには当然ながら本の手元に用意しなければいけません。

わたしの場合は購入をして読むことが多いです。

図書館を利用して読むこともありますが、そこまで多くはありません。

予約をしなければ読めない本は自分が読みたいと思った旬の時期を逃してしまったり、結果としてもっと早く読んでいればよかったと思ったりすることが多いので、なるべく減らそうと思っています。

購入した本であれば気にせずにどんどん折り目をつけたり、書き込んだりすることができます。

それができずにいちいちメモを用意したりしなければいけないのが借りた本の場合の最大の弱点かなと思っています。

 

買うからには当然お金がかかります。

本はコストパフォーマンスが良いですが、決して安い買い物ではありません。

文庫本は千円弱ですが、買ったはいいものの読まなければ何も得ることはありません。

いつでも手に取ることができる状態にするのが買っておくことの最大のメリットです。

 

本の記録の仕方として読んだ冊数を管理していくのが一般的かなと思います。

わたしも月初に前の月の読んだ本のまとめをしています。

そこに読んだ本の値段を追加してみようかと思うのです。

冊数は意識することがあっても、本の値段というのは買うときにしかしないものでした。

いくら分読んだかに意識をすると違ったことも見えてくるんじゃないかという気がしています。

とりあえず試してみます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


杉山大二郎『至高の営業』(幻冬舎)

竹村俊介『書くのがしんどい』(PHP)

関連記事

  1. 本に向き合えば、次に読む本は見えてくる。

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 本は何回読んでいますか?

    本は何度も触れることで血となり肉となるんじゃないかというお話をします。「…

  3. 時間がないなら本を読んでみては?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. 本選びは友だちと仲良くなる感覚で

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. 歴史小説が苦手だけれども、

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  6. 本は親友を紹介する感覚で

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. なるべく著者の近いもので教わる

    なるべく著書の近くで教わるのが大切だと思っています。「本を語る、人と繋が…

  8. 小説を人生にどう生かすか?

    小説を読み終わりました。いい小説に巡り会えたなと感じるときほど嬉しいこと…

Twitter でフォロー

PAGE TOP