特集「敬、怠に勝てば吉なり」

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。



メールでの参加申し込みは、



読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を入力の上ご連絡ください。

今日のブログ

致知若獅子の会の12月例会は諸事情より参加できませんでした。

感想文は書いていたのでこちらにアップします。

特集テーマは『敬、怠に勝てば吉なり』でした。

 

幼少期から本に触れてきてはいた。

隣町の大きな図書館に連れていってもらって、閉館時間まで過ごしたのを覚えている。

自分が本がとても好きだと感じ始めたのは高校生の時であった。

電車で往復1時間半ほどの通学だった。

最初は英単語の暗記の時間に充てていたが、だんだんとそれだけでは飽きてしまった。

乗り換え駅で大きな本屋さんがあったのでそこに立ち寄り本を買い、行き帰りで読むようになってから本の虫になった。

本の良いところは多くの言葉にたくさん出合うことができることだ。

わからなくて読み飛ばした語句も何度か触れていくと自然と意味を推測できるようになる。

むずかしいと感じた本も類書を読むことで理解を深めていくことができる。

本はわたしにとって大きな師である。

 

総リードで、「心を清潔、新鮮に保っていくためには何が必要か。よき人、よき教え、よき言葉に出会うことが不可欠である。」とある。

もちろん、すべての本がそうであるとは言い切れないものの、古くから残っている本にはそういう資質が必ず備わっていると思う。

場所だけでなく、国や時代を飛び越えて様々なことを教えてくれる本の存在はとても貴重である。

 

わたしは仕事の昼休憩のときにも本を読むようにしている。

月初のタイミングで『致知』が届いてからは職場で読むようにしている。

そうすると自然と周りからも「何の雑誌を読んでいるの?」と質問をされる。

そのときには「『致知』という人間学を学ぶ月刊誌で、」と伝えるようにしている。

先ほどの「よき人」にも含まれるが、続けていくためには仲間が必要であると思う。

無理に誘ったところでついていこうと思ってくれる人は少ないだろう。

それならばこちらの姿勢を見せることで一緒に学んでいきたいと思ってもらうことが大切だと思う。

これからも学び続けるためにも自分なりの方法で仲間を増やしていきたいと思う。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


いつか会ってみたいナキウサギ

これからコーヒーライフを始めたい方へ

関連記事

  1. 致知2021年3月号『体験的読書のすすめ』を読ん…

    2021年3月29日に開催された致知若獅子の会に参加をしました。『致知』…

  2. 北海道若獅子の会2021年6月に参加をしました。…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 北海道致知若獅子の会 2023年4月

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  4. 致知2022年11月号 特集「運鈍根」

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  5. 自分の肌で情報を吸収する

    2023年11月6日に開催された合同木鶏体験会&藤尾秀昭氏講演会in…

  6. 【致知若獅子の会2021年11月】「努力にまさる…

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

  7. 2020年6月致知若獅子の会に参加しました。

    2020年6月致知若獅子の会に参加しました。札幌で「本を語る、人と繋がる…

  8. 『致知』(2021年9月号)を読んで

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP