ベストセラーは読んでもいい

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を選ぶ基準ってありますか?」

今回は私なりの本を選ぶ基準の一つを紹介しようと思います。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、読書療法士の井田祥吾(@shogogo0301)です。

 

私の本を選ぶ基準は明確であり曖昧です。

それは「自分が面白そう」と思うかどうかです。

どんなに世の中で絶賛されていようが気がそそられないと手にすることはありませんし、ものすごくマイナーで昔に刊行された本でも読みたいと思ったら購入して読むようにしています。

本を読むという行為は自分の頭の中のスポンジに新たな知識や考えを吸収させるようなものだと思っています。

だから、自分のアンテナが向いたものを取り入れるというのは大切です。

もちろん偏りが出るとよくない面もあると思います。

そうならないために少しずつ自分の領域を広げる努力は必要だと思っています。

見ず知らずの人の紹介に興味がそそられることは少ないので最近は読書会が頼りのなっています。

生身の人間が紹介することによって熱感が込められます。

そうすると自分が普段は苦手だと思うものや手に取らないジャンルも手を伸ばしてみようと思えるのです。

 

紹介される本の傾向を見ると「最近のベストセラー」を紹介する人はほとんどいません。

別にわるいことではないので歓迎なのですが、自分を揺りうごかす本というのはベストセラーだから読んだ本というのではないのかなと思います。

 

一歩進んで、「ベストセラーだから読む」というスタンスでいるとどんどん世間の平均化されるような気がしています。

いわば自分らしさというものがなくなるような気がします。

 

ベストセラーを読むことを否定しているのではなく、ベストセラーだから読むというスタンスはある意味「ふつうの人」に近づくことなんじゃないかと思った次第です。

読みたい本が結果ベストセラーだったら躊躇せずに読みましょう!

(eye catching photo by chiho)

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


松浦弥太郎『なくなったら困る100のしあわせ』で「ふたり読書会」やりました。

当たり前のことに感謝をする。

関連記事

  1. 本は直感で選んでみるのもおすすめ

    先日お話をしていてこのようなことを聞かれました。「井田くんはどんな基準で…

  2. わたしの図書館活用術

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカ…

  3. 読みたい本をこれからも読みたい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. 読書における量か質のどちらか問題

    読書における量か質、どちらが大切かと聞かれたら、最初は「量」だとわたしは答…

  5. なるべく著者の近いもので教わる

    なるべく著書の近くで教わるのが大切だと思っています。「本を語る、人と繋が…

  6. 得たい情報を得るために

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。以前…

  7. 本を読むモチベーションをどうやって維持するか。

    本って習慣化させるのは大変なところがあるかもしれませんが、なってしまうと逆に…

  8. 積読する前にやっておくべきたったひとつのこと

    本を買ったものの読まずに積んでしまっている本ってありませんか?俗にいう積…

Twitter でフォロー

PAGE TOP