本やお店を星で評価しない

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

今回はわたしが大切にしていることについて書いていきます。

それは、本やお店を星で評価しないということです。

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで癒しを与えるビブリオセラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

本やお店を星で評価しない

どういうことかと言いますと、お店だったら食べログの星の評価、本だったらAmazonのレビューの星の数を参考にしないということです。

その理由のひとつとしては人というのは客観的に物事をみるのは難しいと思っているからです。

わたしは朝の日記で自分の気分を5段階で評価しています。

それさえも客観的にみることができないのに、お店の味、本の良さを何か絶対的な基準で評価することができるでしょうか?

 

特に本の場合になると思いますが、その本を読む目的というのはなんでしょうか?

自分の人生をよくしたいという思いもあるでしょう。

その目的達成のために他人の考えや感想は参考にしていいと思いますが、それをきっかけにやめてしまうというのはもったいないと思います。

つまみ食いをしてみてダメだったら違うものに転換してみればいいのです。

 

わたしが苦手というところもあるのですが、星の評価を気にしてモノは選ばない方がいいんじゃないかと思います。

お気に入りのお店、本には理由があります。

それを深掘りしてみるのもいいかもしれません。

 

探すときに星の評価を気にしないなら、自分も評価をしないということです。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




書いている人


松浦弥太郎さんから学ぶ「自分株式会社」の経営哲学

実家でのんびりまったりと過ごす

関連記事

  1. 人生が狂ってしまっても本が読みたい

    先日こんなツイートをしました。https://twitter.com/s…

  2. 本はいつでも誰かを救ってくれる

    「どうやったら本を使ったビジネスが展開できるでしょうか?」以前このような…

  3. 好きな本を言語化できるともっと好きになれる。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  4. 本をどうやって読みますか?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

  5. 本を探すときに知っていると便利なISBNについて…

    今回は本を探す際のちょっとしたテクニックをご紹介したいと思います。本を探…

  6. 入院してます

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  7. 本を読んで良かったと思える人生を送りたい

    本を読んで良かったと思える人生を送りたいそれなりに本を読んできた人間と…

  8. Talkstand読書会がおもしろい!

    ありがとうございます!!#talkstand でお互いのおすすめの本を紹介…

Twitter でフォロー

PAGE TOP