実家でのんびりまったりと過ごす

コロナウイルスの影響もあり、仕事がだいぶ落ち着いています。

そのようなわけで、火曜日と水曜日の二日間を有給にして実家に帰りました。

パソコンとたくさんの本を携えて帰りました。

結果はというと実家にいる間のほとんどを寝て過ごしました。

ご飯を食べて二階の自分の部屋に入るとまずゴロンとしたくなるようなベットの配置です。

とりあえず横になってしまうともう心地が良くてすぐに寝てしまいます。

決して体調がわるいとか気分が下降しているわけではありませんでしたが、これでもか! と言われるくらい寝て過ごしていました。

 

時間の使い方という面では今のひとり暮らしの自宅の方がいいのかもしれません。

好きなだけ本が読めて、自由にブログが書けるというオアシスは実家ではありませんでした。

それが良いわるいではなく使い分けなのかなと思います。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


本やお店を星で評価しない

『村上春樹 雑文集』で、ふたり読書会

関連記事

  1. 本を生かすためには

    本はたくさんのことを教えてくれます。それは、本を書いているのが人なので人…

  2. 習慣化のためにできることは行動を小さくすること

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  3. 前略、未来の自分へ

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  4. 読書の良さを伝え続けたい

    コロナ、コロナ、口を開けば、コロナウイルス。「コロナ」という名称が仲のい…

  5. これからの文章目標

    とにかく書くという修行を自分に課しています。札幌で「本を語る、人と繋がる…

  6. SNSのルールは自分でつくる。

    SNSは好きですか?札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやっ…

  7. 自分が見える世界だけでも幸せであればいい

    双極性障害という名称が双極症に変わることを知りました。統合失調症が精神分裂…

  8. 言葉のニュアンスに目を向ける

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP