上手に息継ぎできるように文章を書きたい

わたしは文章を書くのが好きです。

好きになったのは小学生の頃の作文でした。

作文を書いて先生に評価されて市の文集に何度か載りました。

そのときの嬉しかった気持ちが今だに忘れられずに書いているのかもしれません。

 

読みたくなる文章とか人を動かす文章という意味ではまだまだトレーニングが必要だと思っています。

それでも、こうしてほぼ毎日を目標になかなか険しい道のりですが、書くという行為を楽しんでいます。

文章にも色々なタイプ

一筋に文章といっても色々な形があります。

「本」と呼ばれる媒体もその1つです。

最近では、電子書籍だけでなく、noteやブログなどの電子媒体も伸びてきています。

わたしの場合でいうと、Twitter、note(現在休止中です)、ブログといったところでしょうか?

ブログは一軒家のイメージであり、自分の城のイメージなので、ここに書くのが一番楽しいです。

書き写しのすすめ

良い文章を読むことが良い文章を書けることにつながるとはよくいうことです。

その中でも書き写しというのは最も遅いスピードで読むという行為だと思います。

下手をすればその文章を書いたひとよりもゆっくりになるでしょう。

今現在もコツコツと続けています。

効果が出ていると良いです。

なかなか効果測定はできないので難しいのですが……

長い文章には息継ぎが必要

短い文章でも読むのが苦痛になるのもあれば、長文でもスラスラ読めてしまうものがあります。

その違いを考えたときに、水泳の息継ぎが思い浮かびました。

ある程度練習すれば泳げるようになると思います。

しかし人間の呼吸機能を考えると、息継ぎをしないとある程度で限界を迎えてしまいます。

その息継ぎをスムーズにすれば、長い距離を効果的に泳ぐことができるでしょう。

まずは短い文章で的確に相手に刺さる文章を書く。

それから長い文章を書く、水泳でいうところの息継ぎをしっかりできるように訓練していくのが良いのかなと思います。

 

ということで、Twitterにちょっと注力していこうかと思います。

よければフォローお待ちしています。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


習慣化させるために必要なこと

祝!札幌ゼロ読書会3周年!

関連記事

  1. 勉強会に参加しました

    昨日は友達の主催する勉強会「ゼロ会」に参加しました。札幌ゼロ読書会の名前の…

  2. 自分にとっての名言を集める。

    今日は本を読んだ後のオススメの行動について書いていこうと思います。「本を…

  3. 「実践する読書家」から「ブックセラピスト」へ

    ゴールデンウィークも後半に入りましたね。札幌で「本を語る、人と繋がる」を…

  4. 文章を書くこととパンを作ること

    文章を書くことは料理をすることに似ているということを以前書いたかと思います。…

  5. 何気なく飲んだ水がおいしいと感じる人生を送りたい…

    人は言葉によって思考をめぐらす生き物です。もちろん感覚優位のかたもいらっ…

  6. 「読書亡羊」〜本を読むことより大切なことを放って…

    「読書亡羊」という四字熟語からあれこれ想像して書いてみます。「本を語る、…

  7. 10年前の自分への手紙

    10年前の井田祥吾さん 令和2年1月21日札幌で「本を語…

  8. 北海道若獅子の会2021年6月に参加をしました。…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP