カラダと脳の使うバランスを考えてみる

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回のテーマは、「カラダと脳のバランス」についてです。

先日、このようなツイートをしました。

このブログに行き着く方はきっと本が好きな方が多いのではないかと思っています。

読書というのはストレスを軽減させる効果が高いそうです。

かと言って四六時中読んでいるわけにもいきません。

どれくらい読む時間を割こうかと考えたときには「カラダと脳のバランス」を意識するようにしています。

1日一生懸命勉強したのに眠れないということが学生時代にありました。

こういうときは大抵カラダをあまり使っていない日だったりします。

頭は使っていて疲れたような感覚があってもカラダがそこまで使われていないとあまり眠たくなくなるのかもしれません。

そういうふうにならないように意識的に運動を取り入れるように今はしています。

仕事柄カラダを動かす機会が多いので、普通に本を読んで眠たくならないということはあまり起こらないので、そのような感じでうまくやっていけたらいいのかなと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

(eye catching photo by chiho)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


なかむらるみ『おじさん図鑑』(小学館)

ミニマリストTakeru『月10万円でより豊かに暮らす ミニマリスト生活』(クロスメディア・パブリッシング)

関連記事

  1. 目指している読書会の姿について考えてみました。

    「読書会ってどんなことをやっているの?」とたまに質問されることがあります…

  2. 理念を共有して仲間を集める

    普段はスポーツクラブで働いています。平たくいえばサービス業と言えます。…

  3. 正しいと思ったことをする。

    札幌ゼロ読書会主催の井田です。何を書いたらいいのか、そもそも書くのが正…

  4. プロの仕事はびっくり箱で驚くこと。

    今日はわたしの考えるプロフェッショナルについて考えてみようと思います。札…

  5. 習慣化のコツは「目的と仲間」を持つこと

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  6. 成長する秘訣は、打席に立ち続けること。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  7. 座右の銘はなんですか?

    「座右の銘はなんですか?」と聞かれてパッとすぐに答えることはできますか?…

  8. 勉強会に参加しました

    昨日は友達の主催する勉強会「ゼロ会」に参加しました。札幌ゼロ読書会の名前の…

Twitter でフォロー

PAGE TOP