何度も行きたくなるお店はちょっとしたお声がけが違う。

お店でされるとうれしい声がけについて書いていきます。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、読書療法士の井田祥吾(@shogogo0301)です。

 

どちらかといえば行きたいお店にどんどん行って好きなお店を増やしていくよりも、好きなお店に何度も通って心地の良い時間を過ごす方が好きです。

料理がおいしいというのが大前提にはあると思うのですが、足繁く通うお店にはどんな共通点があるのかを考えてみました。

まず言えるのは物理的な距離ではないということです。

地下鉄を乗り換えてちょっと歩いても定期的に行きたくなるお店はあります。

もう一つ言えるのは店員さんと単なる仲良しではないということです。

 

仲良しとはちょっと違いますが、ひとりひとりを認識したお声がけをされるととてもうれしい気持ちになります。

先日、よく行くカフェで会計をした際に「いつもありがとうございます」と言われました。

だいたい同じ時間に行っていたのでここ最近は同じ方が会計をされていました。

自分も同じ方だとわかっていたのでそう声をかけてもらえてうれしかったですし、また行こうと思いました。

 

このお声がけのテクニックでいうと大学生時代に行っていた立ち飲み屋さんが印象的でした。

いつも送るときに「また来週!」と言われていました。

毎週言われるものなので毎週しっかりと通いました。

 

初めての人にいつもありがとうございますというのは変な話ですし、ちゃんと相手をみて声をかけることが大切です。

相手を意識したお声がけを自分も接客する上で特に意識をしていきます。

(eye catching photo by chiho)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




毎日note更新してます!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


松浦弥太郎『くちぶえサンドイッチ』を読んで感じた続けることの大切さ。

パトリック・マクドネル『おくりものはナンニモナイ』

関連記事

  1. 本は手紙だと思って読む

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 上手に息継ぎできるように文章を書きたい

    わたしは文章を書くのが好きです。好きになったのは小学生の頃の作文でした。…

  3. 読み放題には向いていないのかも

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. 気分に点数をつけてみる。

    調子の良い日々が続いています。札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読…

  5. 過不足なく臆病に書く

    過不足なく臆病に書くわたしは文章を読むのも書くのも好きです。全くなか…

  6. ブックセラピストになる。

    好きなことで生きていく好きなことで生きていけたら幸せですよね?そのた…

  7. 何かをするのに遅すぎることはない

    人生は長いでしょうか?それとも短いでしょうか?始まりを選ぶこともでき…

  8. マンガは読書か?

    本が好きでよく読むんですよねと話をすると、マンガもいいですよとアドバイスをも…

Twitter でフォロー

PAGE TOP