誕生日とは、そういうこと。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「私の誕生日のちょうど100年前が芥川龍之介の誕生日です」

読書会冒頭でのファシリテーター自己紹介のときに最近は必ずこの文学ネタを放り込んでいます。

そんな文豪芥川龍之介の誕生日は1892年3月1日です。

 

そうです。

今日です。

 

ということで私は28歳になりました。

たくさんの人に祝ってもらえてうれしいという年齢は通り越してしまいましたが、やはり「おめでとう」と言われることは良いものですね。

 

誕生日は、一年にいちど、かならず全員に回ってくる。何もしないでその日を迎えただけなのに、それでもおめでとうと言ってもらえる。誕生日とは、そういうことだったのである。(岸政彦『断片的なものの社会学』(p106))

誕生日は、「そういうこと」なのだとひしひしと感じる1日でした。

子どもの頃、具体的にいうと小学校低学年の頃に見ていた中学生というのはなんだかこわい存在でした。

得体の知れないものであったからかもしれません。

それと同じように、子どもの頃に思い描いていた28歳というのはもっと大人でした。

それは奥さんがいたり、子どもがいたり、つまりは家庭を持ってるということなのかもしれません。

 

今の自分の生き方に絶対の自信があるかと聞かれたらなんと答えれば良いかわかならいし、今の生き方を続けていく覚悟があるかと言われるとそうとも言えないしという感じはあります。

でも、今みたいに根無し草のように生きるのも決してわるくはないのではないかと思ってみたりもします。

 

年明けに2020年の目標は「与えて稼ぐ」としました。

その根底にある人生理念みたいなものは「無理しない、焦らない、落ち着く。よりよく生きる」です。

根無し草のようにふわふわと浮遊しながらも、軸を持って生きようと思います。

28歳になりましたわたしをどうぞよろしくお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


制限の中で

YUIさんの柔張るという生き方

関連記事

  1. 書き込みされた本の価値は誰が決めるのか?

    ものすごく夜更かししてブログを書いています。札幌で「本を語る、人と繋がる…

  2. よりよく生きるために気分に点数をつける

    よりよく生きるために気分に点数をつける朝の日記に気分を5段階で評価した…

  3. 休むのも仕事

    しばらく体調不良で仕事をお休みしていましたが、少しずつ短時間からですが復帰…

  4. わたしが日記で書いているふたつのこと

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. 自分らしい読書会とは何か?

    読書会を開こうと思ったときに最初に考えたのは「何者」感をなくすことでした。…

  6. 読書術の専門家になりたい。

    あなたには好きな本のジャンルはありますか?もしかしたら本イコール小説なん…

  7. 目指している読書会の姿について考えてみました。

    「読書会ってどんなことをやっているの?」とたまに質問されることがあります…

  8. けらえいこ『あたしンち』から学ぶ、「桜の見頃は今…

    けらえいこ『あたしンち』から学ぶ、「桜の見頃は今この一瞬」という話。ゴー…

Twitter でフォロー

PAGE TOP