YUIさんの柔張るという生き方

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

2020年2月21日に開催した第49回「本の話をしよう」@Brown Books Cafeで紹介した一冊について書きます。

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで癒しを与えるビブリオセラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

この日紹介したのは、シンガーソングライターであり現在はバンドFLOWER FLOWERのギターボーカルであるyuiさんのインタビュー集でした。

シンガーソングライターとしてのソロ活動をやめるにあたって発売されたものです。

YUIさんを知ったきっかけは、SCHOOL OF LOCKという中高生向けのラジオでした。

勉強のお供に聞くことが多かったのですが、毎週何曜日かに担当をしていてなんとなく聴き始めたのが、ハマって言ったという感じでした。

好きなバンドが新曲を出したタイミングがちょうどYUIさんのデビュー曲『feel my soul』を出した頃だったので目に触れる機会はありました。

ちなみにわたしの一番好きなYUIさんの曲も『feel my soul』です。

実際にラジオで音楽にかける思いを聴いていく中で、この人の生き方はかっこいいなと思うようになりました。

自分のやりたい方向性と周りが求めてくれるものとのスピードのズレを感じたところからリフレッシュ休暇をとったり、それでも離れていく溝を感じてソロでの活動を休止という形をとったのかなと思っています。

 

 

この本の中で印象に残ったエピソードを紹介します。

弱さも強さ

上京した時に、渋谷で「手相を見せてください」と言われ見せたら、「あなた弱い人ですか?」と言われたそうです。

こんな時、あなたならなんと答えますか?

YUIさんは、

弱さも強さだと思ってます

と答えたそうです。

そうしたら占い師さんが謝ってしまったそうです。

芯の強さを感じられます。

柔張る

頑張るというのは、「頑なに張る」こと。

頑なに張るのは太く短くにつながるなあと、それがプライドに反したとしても細く長くするってことも大事なんだなって考えたりもしましたね。(YUI『Hello,Good-bye』(p150))

というところから「柔張(やわは)る」という言葉が流行ったそうです。

こういう風にふわっとちょっと気を抜いて楽に生きていくのも大切かなあと思います。

ちなみに

わたしは成人式の前の日に千歳でのYUIさんのライブに行きました。

(そのために北海道に帰ってきた節もあります。)

今度、4月20日にFLOWER FLOWERのライブが札幌であるのでチケットを入手しました。

無事に参加できるのを楽しみにしています。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声プラットフォームHimalayaでもお話ししています

書いている人


誕生日とは、そういうこと。

開催報告!松浦弥太郎さんに学ぶ「今日もていねいに」生きるための読書会@SALOON

関連記事

  1. 『終末のフール』から学ぶ、明日死ぬとしても後悔し…

    わたしが文章を書こうと思ったときはさて何を書こうから始まります。札幌で読…

  2. 「目的のための手段におぼれるな」

    やりたいことを考えている瞬間がとてもワクワクするので好きです。美味しいも…

  3. 松浦弥太郎さんから考える、「ていねいな暮らし」と…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

  4. 坪倉優介『記憶喪失になったぼくが見た世界』で、感…

    第56回 札幌ゼロ読書会「本の話をしよう」を開催しました!わたしが紹…

  5. 世の中は仮説だらけ⁈

    第39回 読書会「本の話をしよう」で私が紹介した本の紹介です。札幌で…

  6. 毎日が挑戦! 早起きチャレンジ!

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカ…

  7. 松浦弥太郎さんから学ぶ「自分株式会社」の経営哲学…

    松浦弥太郎さんが好きです。柔らかな文章の中にピリッとすることが書いてあっ…

  8. 河合隼雄『こころの処方箋』で常識を知る

    第27回「本を語る」読書会で紹介した一冊です。この日、紹介したの…

Twitter でフォロー

PAGE TOP