「本」の定義を考える

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

昨日話したこと

昨日の勉強会で話したことを書いていきます。

テーマはざっくりと「読書」でした。

まずは参加してる方にとって

「本ってなんですか?」

という質問を投げかけました。

  • ワクワクするもの
  • 先人の価値
  • 自分を成長させるもの

など色々と上がってきました。

勉強会というところだったので、知的好奇心を刺激するものというイメージが強かったです。

天狼院書店で購入した雑誌「READING LIFE」の内容を引用しながら、わたしが共感した本の定義を伝えました。

ズバリ、本とは「読み手にとって役に立つ情報」であると考えることです。

目的が達成されることが、読書にとって一番大切なことであるとわたしは考えます。

読書って別に崇高な行為でもなんでもなくて、むしろ情報の鮮度というか熱感はライブには到底及ばないものです。

コスパがいいとか、時間と場所を選ばないとか色々メリットはあります。

そのやり方が自分に合っているだけで、わたしの知り合いにも本を読むのが面倒なので、セミナーに参加するという人もいます。

その行動も書籍を読むということも行き着くゴールが同じであるならば、その行為自体を「本を読む」としてしまってもいいのではないでしょうか?

だから、人と話すことも「本を読む」ことと変わりないのです。

そしてたくさんの本を読むことは自分の引き出しを多く持つことであり、読書会に参加することは、反応をいち早く得ることのできる手段の一つであると思っています。

だから書籍を読まなくたっていくらでもその代わりになる手段はあります。

でもせっかくなら、本好きで話をしたいなという思いもあります。

短い時間のその場で本を読めてしまうのが、Read For Action 読書会の魅力の一つですが、積読本を消化しようであるとか、本を読みたいけどなかなか読めない人でも参加できるようなテーマでも開催してみようかなと色々検討してみようかなと思います。

Good & New

実はもう少しで誕生日です。

今日の本

READING LIFE 2017夏

天狼院書店のホームページに飛びます。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


勉強会に参加しました

誕生日はありがとうをたくさん言う日

関連記事

  1. 感謝することは当たり前のことに目を向けること

    感謝をすることは当たり前のことに目を向けること札幌で読書会をやってます、…

  2. 本を読むときは自分の頭で考えることが大切

    世の中には古典と呼ばれるものがあります。今日は古典について、読書論を交え…

  3. 「これからの本屋読本」は本屋に憧れる人のバイブル…

    2017年7月の読書会で内沼晋太郎「これからの本屋読本」を紹介しました。…

  4. 好きを仕事にするために

    自分の好きなことをもっと好きになる。好きなことで生きていけたらいいなと日…

  5. 弱さを受け入れる勇気。宮部みゆき『ブレイブ・スト…

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  6. 野村克也『野村ノート』〜野球から学ぶ〜

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  7. 『これは水です』に学ぶ、教養と心の持ち方

    第41回 読書会「本の話をしよう」で紹介した本について書いていきます。札…

  8. 植松努『空想教室』〜どうせ無理をなくす〜

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

Twitter でフォロー

PAGE TOP