自分の頭で考える

量は質に転化すると私は思っています。

では、ただ闇雲に量をこなせばいいのでしょうか?

私はそうは思いません。

素振りをたくさんすることはもちろん大切ですが、正しいとされるフォームで素振りをして身につけなければ意味がありません。

ショーペンハウアー「読書について」

今回読んだのはショーペンハウアー「読書について」です。

いわゆる読書術の古典に分類されます。

この本を読んでいくと、書くにしろ、読むにしろ、「自分で考える」ことの大切さが身に染みるように感じます。

一つ危険かなと思うのが、この本自体も考えてしっかりと本質を考えて読まないと意味を捉え違えてしまうのではないかなと思います。

展開を意識する

論の展開を意識して読むということです。

例えば、

読書するとは、自分でものを考えずに、代わりに他人に考えてもらうことだ。

という一文があります。この文章を読んだだけだと読書はマイナスイメージのような書き方がされているように感じるかもしれませんが、のちには、

本を読んでも、自分の血となり肉となることができるのは、反芻し、じっくりと考えたことだけだ。

という文が出てきます。

決して読書がマイナスのことを言いたいのではなく、自分の頭で考えることが大切だと説いていることがわかります。

そうなるとむやみにたくさん読むことよりも自分の頭で考えながら読むことが大切であるというのにも頷けます。

書くのも同じ

書くときも同じことが言えます。

むやみやたらに書くのではなく、自分の頭でしっかりと考えた上で書くことです。

「自分の頭で考える」というのは、意識していきたいポイントです。

読書会情報

自己紹介


土台が大事!

より良い読書会のために

関連記事

  1. 秘密にしたい名作

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。第11回でわたしが紹介した本…

  2. わたしの座右の書〜自分の中に毒を持て〜

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です…

  3. 続けやすい仕組みを考える

    人間は習慣の生き物と言われています。習慣が人を作るってやつです。いい習慣を身につけようと思っ…

  4. 朝に書くという習慣

    わたしは思考の整理のために朝に書くということをしています。札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@…

  5. 明日死ぬとしても後悔しない生き方を

    わたしが文章を書こうと思ったときはさて何を書こうから始まります。札幌で読書会をやってます、井田祥…

  6. ラブという薬

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。2018/05/11 第14…

  7. より良い毎日を過ごすための道標

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。今日は一冊の本を紹介しようか…

  8. 本棚の10冊で自分を表現する

    ハッシュタグで「本棚の10冊で自分を表現する」というのがあります。久しぶりにやってみました。…

読書会情報はこちらから!

友だち追加
PAGE TOP