『「感謝」で思考は現実になる』〜続けてみてわかったこと〜

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで癒しと安らぎを与える読書療法士の井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回の記事のテーマは「感謝」です。

最近、ありがとうの気持ちを伝えていますか?

パム・グラウト『「感謝」で思考は現実になる』

人間は習慣の生き物です。

これをしっかりと続けてやっていれば成長できるだろうというリストがあります。

少しずつ数を増やし、現在では17個になっています。

その中の一つが「感謝の日記を書く」というものです。

元となるのが、先にリンクを貼った本です。

知り合いに誘われて参加をしたFacebookグループに夜の日記を書いたついででアップしています。

 

本の中では毎回別のことを書くように勧めています。

最初のうちはスムーズにいっていましたが、同じことを禁止されるとだんだんとありふれた当たり前のことに目を向けることになっています。

漢字で書くと「有難う」です。

あるのがむずかしいということは対義語は「当たり前」のなるでしょう。

日常のありとあらゆることに感謝をしていると、当たり前のことに目を向けて感謝をすることになります。

そうしていけば自然と幸せ体質になっていくだろうなというのがいま現在思うところです。

 

モットーの一つが「何気なく飲んだ水が美味しいと感じる人生を歩みたい」です。

それもこの感謝の日記を続ける中で気づいたことです。

 

スピリチュアル系が苦手な方をいらっしゃると思いますが、日記を書くついでにやってみると面白いかもしれません。

一緒にやりたいという方がいらっしゃいましたら、Facebookグループに招待していいか聞いてみますのでご連絡ください。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声プラットフォームHimalayaでもお話ししています

書いている人


どんな読書会をやっているのか?

モットーを大切にする

関連記事

  1. 石亀康郎『ふたりっ子バンザイ』を眺めて、思い出す…

    第10回ビブリオバトル@コワーキングSALOON札幌で紹介した本について書き…

  2. YUIさんの柔張るという生き方

    2020年2月21日に開催した第49回「本の話をしよう」@Brown Boo…

  3. わたしの読書習慣を変えた1冊。

    朝起きたら、外が白かったです。とうとう冬のシーズン突入といった感じです。…

  4. 本棚の10冊で自分を表現する

    ハッシュタグで「本棚の10冊で自分を表現する」というのがあります。久しぶ…

  5. しるし書店は「本」の未来を変える

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。しる…

  6. 自分のペースで本を読もう!

    今回は、「本の読み方」について書いていきます。https://twitt…

  7. 読んでくれる人がいるならば、

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  8. 筒井康隆『時をかける少女』は時をかけて読まれる小…

    時をかけて読まれる小説札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開…

Twitter でフォロー

PAGE TOP