「目的のための手段におぼれるな」

イベント情報

読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。

Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、

お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

やりたいことを考えている瞬間がとてもワクワクするので好きです。

美味しいものを食べている時もワクワクするので好きです。

札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

そんなワクワクすることが好きなわたしですが、たまにやろうかやめようか迷うようなことに遭遇するときがあります。

思い出す言葉

そういうときは、水野仁輔「幻の黒船カレーを追え」

にあったこの言葉を思い出すようにしています。

「目的のための手段におぼれるな」

何かを諦めようとしたとき、それは手段であるならばなんとか道を探ってみましょう。

 

例えば、お金が原因なら借金をするのも一つの手です。

お金を借りることを説得できなければ、そこまでの思いだったというか伝わらなかったということです。

 

今やりたいとしていることが手段になっていないか、は注意しないといけません。

本を読む目的は?

本を読むのは手段であって、目的ではありません。

だから、「積読本を減らす方法」のようなものをみると疑問を感じてしまいます。

積読を減らすのが悪いとか良いとかではなく、なんのために積読を減らすのかまで、意識をした上でないともったいないような気がするのです。

目的と手段は常に意識をしていきます。

今日紹介した本

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




自己紹介


しつもん読書会@SALOONに参加しました。

20代のみんなで一緒に考える「最高の人生を設計する」読書会を開催しました。

関連記事

  1. 夜の底が白くなった。

    川端康成「雪国」「ねえねえ、井田さん。川端康成の雪国の冒頭知ってますか?…

  2. ひとり出版社、夏葉社 島田さんのお話を聞いて「仕…

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。「仕…

  3. 東野圭吾『秘密』〜秘密にしたい名作〜

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  4. 何度でもやり直せる社会に

    2018/06/22に天狼院書店で開かれた「暗闇でも走る」の著者安田さんのイ…

  5. 読書のアウトプットのススメとその方法

    本との出合いは人との出会いと同じだと思っています。札幌で「本を語る、人と…

  6. 世の中は仮説だらけ⁈

    第39回 読書会「本の話をしよう」で私が紹介した本の紹介です。札幌で…

  7. くすみ書房・久住邦晴氏から学ぶ奇跡を起こすために…

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  8. 「なぜドリル」をやってみた!

    つい先日、毎日ブログ更新頑張りますという記事を書きました。札幌で読書…

Twitter でフォロー

PAGE TOP