長島龍人『お金のいらない国』

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで癒しを与えるビブリオセラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

第1回 ビブリオバトルで紹介した本について書いていきます。

長島龍人『お金のいらない国』

第1回ビブリオバトルで紹介をしました。

動画を撮る準備をしたのですが、RECボタンを押し忘れて撮れませんでした。

その時どのような発表をしたかを覚えていないので、まっさらな気持ちで書こうと思います。

 

まず考えて欲しいのは、あなたにとってお金というのはどういう存在かということです。

なければいけないもの、労働の対価をして支払われるものや価値交換に使うものなど色々と挙げられると思います。

どれも正解だと思います。

この本を読むと、そのお金の価値と本質について考えることができます。

あらすじ

この本のあらすじとしては、お金という概念がない国に迷い込む青年の話です。

コーヒーを読んでも飲食をしてもお金を払う必要がありません。

そのような環境に置かれて人間は働くという選択肢を取るのでしょうか?

 

薄い本なので、すぐに読めますが、これからを生きていく未来へのヒントが詰まっている本だと思います。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


時間は資産である

第4回ビブリオバトル開催報告!

関連記事

  1. 好きを仕事にするために

    自分の好きなことをもっと好きになる。好きなことで生きていけたらいいなと日…

  2. 20%を見極める。

    努力って方向性が大切だよねというようなお話を以前書きました。札幌で読書会…

  3. 好きなことをやるのではなく、嫌なことはやめるとい…

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  4. 本を生活の一部にする

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. 続けやすい仕組みを考える

    人間は習慣の生き物と言われています。習慣が人を作るってやつです。いい…

  6. しるし書店は「本」の未来を変える

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。しる…

  7. 本を読むときは自分の頭で考えることが大切

    世の中には古典と呼ばれるものがあります。今日は古典について、読書論を交え…

  8. 書評を書くのは「ひとり読書会」

    わたしは書くことが好きです。札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@sho…

Twitter でフォロー

PAGE TOP