長島龍人『お金のいらない国』

読書会情報

読書会等のイベントはFacebookイベントページをご覧ください。

Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、

お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで癒しを与えるビブリオセラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

第1回 ビブリオバトルで紹介した本について書いていきます。

長島龍人『お金のいらない国』

第1回ビブリオバトルで紹介をしました。

動画を撮る準備をしたのですが、RECボタンを押し忘れて撮れませんでした。

その時どのような発表をしたかを覚えていないので、まっさらな気持ちで書こうと思います。

 

まず考えて欲しいのは、あなたにとってお金というのはどういう存在かということです。

なければいけないもの、労働の対価をして支払われるものや価値交換に使うものなど色々と挙げられると思います。

どれも正解だと思います。

この本を読むと、そのお金の価値と本質について考えることができます。

あらすじ

この本のあらすじとしては、お金という概念がない国に迷い込む青年の話です。

コーヒーを読んでも飲食をしてもお金を払う必要がありません。

そのような環境に置かれて人間は働くという選択肢を取るのでしょうか?

 

薄い本なので、すぐに読めますが、これからを生きていく未来へのヒントが詰まっている本だと思います。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!

音声プラットフォームHimalayaやっています!

(画像をクリックしてください!)

noteもやってます

自己紹介


時間は資産である

第4回ビブリオバトル開催報告!

関連記事

  1. 「わたしだけのおいしいカレーを作るために」は哲学…

    以前読書会で紹介した本を今日は紹介します。その時にどのような紹介をしたか…

  2. 小川洋子『博士の愛した数式』から学ぶ数学のロマン…

    私の自己紹介ページには過去の読書会で紹介した本をあげています。読書会が軌…

  3. 本棚の10冊で自分を表現する

    ハッシュタグで「本棚の10冊で自分を表現する」というのがあります。久しぶ…

  4. 20%を見極める。

    努力って方向性が大切だよねというようなお話を以前書きました。札幌で読書会…

  5. 夏目漱石『硝子戸の中』から学ぶ死生観

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  6. YUIさんの柔張るという生き方

    2020年2月21日に開催した第49回「本の話をしよう」@Brown Boo…

  7. 虚構新聞〜役に立たなかった本〜

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  8. 文章を書くことで未来の自分を救う。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

PAGE TOP