複写ハガキを書けば人生が変わる

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

第24回「本の話をしよう」で紹介した本について書きます。

ハガキ道 坂田道信

この本との出会いといいますか、複写ハガキとの出会いは、修身教授録読書会でした。

そこで修身教授録の森先生のお弟子さんの坂田道信先生にハガキを書くようになり、複写ハガキについてより詳しく知りたいと思い、この本を手に取りました。

 

坂田先生のまずすごいところは年賀状を2万通届くというところです。

想像しただけでも返事をするのが大変です。

 

更にといいますか、それだけ郵便が届くので、表彰を受け、郵便番号をもらいました。

つまり、郵便番号のみで郵便物が届くということです。

個人で郵便番号を持っているって単純に考えてすごいことだと思います。

 

そのような坂田先生は毎日30通の複写ハガキを書くことを日課にしているそうです。

私はたまに書く感じですが、ハガキという限られたスペースにどんなことを書こうかといつも考えます。

 

当たり前の話ですが、ハガキはお金がかかります。

今は無料が当たり前になっていますが、昔は文字を送るのにお金がかかっていたということです。

限れたスペースにお金をかけて言葉を伝えるとなると、それは自分の内から絞り出すような気分になります。

それはプラスのことを伝えようとなります。

 

ハガキを書く時間というのはとても貴重な自分を内観するひと時です。

私はストレングスファインダー での強みの内省という言葉を好んで使っています。

文字に触れることが多い人間としては、やはり自分の思考も文字で考えたくなるのかなと思います。

 

ここ最近は、読書会に参加いただいた方で住所を教えてくれた方へお礼のハガキを書くようにしています。

これからどんな言葉を紡ぎだそうかと考えています。

 

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


第24回「本を語る」読書会@Brown Books Cafe 開催しました!

文章は最後まで読まなくたっていい。

関連記事

  1. 瀧本哲史『2020年6月30日にまたここで会おう…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催…

  2. とりあえず書いてみる、続けてみる

    退院をしてから着々と復帰に向けて準備をしています。札幌で読書会をやって…

  3. 吉野源三郎『君たちはどう生きるか』を読んで自分の…

    第9回読書会「本の話をしよう」で紹介した本について書いていきます。相当前…

  4. 何度でもやり直せる社会に

    2018/06/22に天狼院書店で開かれた「暗闇でも走る」の著者安田さんのイ…

  5. アーノルド・ローベル『ふたりはともだち』から学ぶ…

    ふたりはともだち「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催…

  6. 本棚の10冊で人生哲学を考えてみる

    テーマは人生哲学札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo03…

  7. 未来日記は旅行の計画

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。未来…

  8. 内なる声に耳を傾けよう

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

Twitter でフォロー

PAGE TOP