本を生活の一部にする

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

わたしはいわゆる書評らしい書評を書くのが苦手です。

でも、本について書くこと話すことは好きです。

今回はそのことについて考えてみました。

1冊の本に向き合うこと

一冊の本に向き合って書くというか、そういうものを読んだりするのは好きなのですが、いざそれを自分で書こうとするとなかなか身構えてしまってできていません。

何を持って書評というかは難しいところですが、もしかしたら「書評」という表現があまり好んでいないのかもしれません。

それは評するというのがなんとなく上から目線のような感じがしてしまうからでしょうか?

内容に関していうと、本の内容をまとめたり、重要そうなことをピックアップするようなことはわざわざわたしのやることではなく、もっと上手にできる人にやってもらえたらいいと思うのです。

でも、本について話したい

でも、やっぱり本について話したいのがわたしというわがままな人間です。

どういうスタンスで本の紹介というか本について書いていこうか試行錯誤をしているところですが、なんとなくこんな感じでいいかなというスタンスのところが見えてきました。

きっかけは
著=幅允孝 本なんて読まなくたっていいのだけれど、

です。

 

本棚をデザインするブックディレクターの本にまつわるエッセイです。

幅氏の本に対する思いというか、接し方がいい感じなんですよね。

奥付にもあるように、本のタイトルは「本なんて読まなくたっていいのだけれど、」です。

帯にはその続きがあり、「読んでみるのもいい。」とあります。

わたしはRead For Actionに感銘を受けたところもあるので、本は読みっぱなしではなく、行動することが大切だと感じていますが、血となり肉となるには時間のかかるものもあり、もしかしたらずっと根となる役割をするだけで気づかずにいる本もあるかもしれません。

読んでことを実生活に生かすことも大切だし、何となくいいことが書いてあったなあと感慨深くなることのどちらも大切なことだと思うのです。

本は生活の一部

本というものが私の生活の一部に溶け込んでいる感じをうまくこのブログを含めて、色々なSNSを使いながら伝えていけたらいいなと思っています。

ブログを書くために本を読むという感覚よりは、今日あった出来事を振り返るように本のことを考えたり、思い出したりしたいなと思います。

今日の本

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


2018年5月に読んだ本

わたしとほぼ日手帳

関連記事

  1. 河合隼雄『こころの処方箋』で常識を知る

    第27回「本を語る」読書会で紹介した一冊です。この日、紹介したの…

  2. しるし書店は「本」の未来を変える

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。しる…

  3. 山田ズーニー『おとなの進路教室。』

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  4. 読書の方法知りたくないですか?

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。本の…

  5. 本棚の10冊で人生哲学を考えてみる

    テーマは人生哲学札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo03…

  6. 吉野源三郎『君たちはどう生きるか』を読んで自分の…

    第9回読書会「本の話をしよう」で紹介した本について書いていきます。相当前…

  7. 長島龍人『お金のいらない国』

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  8. わたしの読書習慣を変えた1冊。

    朝起きたら、外が白かったです。とうとう冬のシーズン突入といった感じです。…

Twitter でフォロー

PAGE TOP