本を生活の一部にする

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

わたしはいわゆる書評らしい書評を書くのが苦手です。

でも、本について書くこと話すことは好きです。

今回はそのことについて考えてみました。

1冊の本に向き合うこと

一冊の本に向き合って書くというか、そういうものを読んだりするのは好きなのですが、いざそれを自分で書こうとするとなかなか身構えてしまってできていません。

何を持って書評というかは難しいところですが、もしかしたら「書評」という表現があまり好んでいないのかもしれません。

それは評するというのがなんとなく上から目線のような感じがしてしまうからでしょうか?

内容に関していうと、本の内容をまとめたり、重要そうなことをピックアップするようなことはわざわざわたしのやることではなく、もっと上手にできる人にやってもらえたらいいと思うのです。

でも、本について話したい

でも、やっぱり本について話したいのがわたしというわがままな人間です。

どういうスタンスで本の紹介というか本について書いていこうか試行錯誤をしているところですが、なんとなくこんな感じでいいかなというスタンスのところが見えてきました。

きっかけは
著=幅允孝 本なんて読まなくたっていいのだけれど、

です。

 

本棚をデザインするブックディレクターの本にまつわるエッセイです。

幅氏の本に対する思いというか、接し方がいい感じなんですよね。

奥付にもあるように、本のタイトルは「本なんて読まなくたっていいのだけれど、」です。

帯にはその続きがあり、「読んでみるのもいい。」とあります。

わたしはRead For Actionに感銘を受けたところもあるので、本は読みっぱなしではなく、行動することが大切だと感じていますが、血となり肉となるには時間のかかるものもあり、もしかしたらずっと根となる役割をするだけで気づかずにいる本もあるかもしれません。

読んでことを実生活に生かすことも大切だし、何となくいいことが書いてあったなあと感慨深くなることのどちらも大切なことだと思うのです。

本は生活の一部

本というものが私の生活の一部に溶け込んでいる感じをうまくこのブログを含めて、色々なSNSを使いながら伝えていけたらいいなと思っています。

ブログを書くために本を読むという感覚よりは、今日あった出来事を振り返るように本のことを考えたり、思い出したりしたいなと思います。

今日の本

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




毎日note更新してます!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


2018年5月に読んだ本

わたしとほぼ日手帳

関連記事

  1. 希望のある日々をおくるために

    考えるという行為は確かに特効薬ではないのかもしれません。それが自分の考え…

  2. 坪倉優介『記憶喪失になったぼくが見た世界』で、感…

    第56回 札幌ゼロ読書会「本の話をしよう」を開催しました!わたしが紹…

  3. 実行する実行家を目指して。

    悩んでいる暇があるならとりあえず書いてみよう。— しょうご (@shog…

  4. 新庄剛志『わいたこら。』から学ぶ

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. 西野亮廣『新・魔法のコンパス』は未来を生きるため…

    西野亮廣『新・魔法のコンパス』は未来を生きるための教科書だ!第50…

  6. 自分のペースで本を読もう!

    今回は、「本の読み方」について書いていきます。https://twitt…

  7. 書評を書くのは「ひとり読書会」

    わたしは書くことが好きです。札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@sho…

  8. 言葉にすることは自分と向き合うこと

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。言葉…

Twitter でフォロー

PAGE TOP