本を生活の一部にする

読書会情報

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

わたしはいわゆる書評らしい書評を書くのが苦手です。

でも、本について書くこと話すことは好きです。

今回はそのことについて考えてみました。

1冊の本に向き合うこと

一冊の本に向き合って書くというか、そういうものを読んだりするのは好きなのですが、いざそれを自分で書こうとするとなかなか身構えてしまってできていません。

何を持って書評というかは難しいところですが、もしかしたら「書評」という表現があまり好んでいないのかもしれません。

それは評するというのがなんとなく上から目線のような感じがしてしまうからでしょうか?

内容に関していうと、本の内容をまとめたり、重要そうなことをピックアップするようなことはわざわざわたしのやることではなく、もっと上手にできる人にやってもらえたらいいと思うのです。

でも、本について話したい

でも、やっぱり本について話したいのがわたしというわがままな人間です。

どういうスタンスで本の紹介というか本について書いていこうか試行錯誤をしているところですが、なんとなくこんな感じでいいかなというスタンスのところが見えてきました。

きっかけは
著=幅允孝 本なんて読まなくたっていいのだけれど、

です。

 

本棚をデザインするブックディレクターの本にまつわるエッセイです。

幅氏の本に対する思いというか、接し方がいい感じなんですよね。

奥付にもあるように、本のタイトルは「本なんて読まなくたっていいのだけれど、」です。

帯にはその続きがあり、「読んでみるのもいい。」とあります。

わたしはRead For Actionに感銘を受けたところもあるので、本は読みっぱなしではなく、行動することが大切だと感じていますが、血となり肉となるには時間のかかるものもあり、もしかしたらずっと根となる役割をするだけで気づかずにいる本もあるかもしれません。

読んでことを実生活に生かすことも大切だし、何となくいいことが書いてあったなあと感慨深くなることのどちらも大切なことだと思うのです。

本は生活の一部

本というものが私の生活の一部に溶け込んでいる感じをうまくこのブログを含めて、色々なSNSを使いながら伝えていけたらいいなと思っています。

ブログを書くために本を読むという感覚よりは、今日あった出来事を振り返るように本のことを考えたり、思い出したりしたいなと思います。

今日の本

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!

noteもやってます

自己紹介


2018年5月に読んだ本

わたしとほぼ日手帳

関連記事

  1. 「これからの本屋読本」は本屋に憧れる人のバイブルだ。

    2017年7月の読書会で内沼晋太郎「これからの本屋読本」を紹介しました。札幌で読書会をやって…

  2. D・カーネギー『人を動かす』で友を作り人間関係を学ぶ

    第32回「本の話をしよう」で紹介をした一冊です。この日のテーマは「緑」でした。いま考えてみる…

  3. 新庄剛志『わいたこら。』から学ぶ

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで癒しを与えるビブリオセラ…

  4. 本棚の10冊で自分を表現する

    ハッシュタグで「本棚の10冊で自分を表現する」というのがあります。久しぶりにやってみました。…

  5. 松浦弥太郎さんから学ぶ「自分株式会社」の経営哲学

    松浦弥太郎さんが好きです。柔らかな文章の中にピリッとすることが書いてあっていつもハッとさせられま…

  6. 小川洋子『博士の愛した数式』から学ぶ数学のロマン

    私の自己紹介ページには過去の読書会で紹介した本をあげています。読書会が軌道に乗ってきた頃にこのブ…

  7. 伊坂幸太郎作品の名言に偶然出会った話

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です…

  8. しるし書店は「本」の未来を変える

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。しるし書店 井田祥吾 店 は…

読書会情報はこちらから!

友だち追加
PAGE TOP