石亀康郎『ふたりっ子バンザイ』を眺めて、思い出すもの。

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

第10回ビブリオバトル@コワーキングSALOON札幌で紹介した本について書きます。

今回紹介したのは石亀康郎さんの『ふたりっ子バンザイ』でした。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで癒しと安らぎを与える読書療法士の井田祥吾(@shogogo0301)です。

紹介時の音声はこんな感じでした。

今回のテーマは「わたしが惹かれた装丁」でした。本のどこが大事かと言われたら、間違いなく中身が大切だと答えます。

しかし、その中身に行きつくまでに大切なのは違いなく、本の顔である表紙だとわたしは思っています。

本の表紙がピンとこないとそもそも手に取らないだろうし、中身がいいなと感じる本は表紙が魅力的なものが多いと思っています。

 

ということで、今回は装丁買いをした一冊を持ってきました。

この本との出会いは書肆吉成で行われた夏葉社の島田潤一郎さんのイベントがきっかけでした。

目に見える読者に届けることを信条にしているひとり出版社をやっている島田さんのお話を聞いて感動し、そのまま選んで購入をしました。

夏葉社では復刊を手掛けることも多く、この『ふたりっ子バンザイ』も石亀さんのデビュー作の50年ぶりの復刊でした。

石亀さんの息子さん2人の成長の記録で微笑ましく眺めました。

わたしにはふたつ上の兄がいますが、自分もこんな感じだったのかなと感慨深くなりました。

ご兄弟がいらっしゃる方はもちろん何かじーんと感じることができるのではないかと思います。

ぜひ、手に取ってみてください。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


第10回ビブリオバトル@コワーキングSALOON札幌開催しました!

2020年9月致知若獅子の会に参加をしました!

関連記事

  1. 「わたしだけのおいしいカレーを作るために」は哲学…

    以前読書会で紹介した本を今日は紹介します。その時にどのような紹介をしたか…

  2. 読書の方法知りたくないですか?

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。本の…

  3. 和田秀樹『「うつ」だと感じたら他人に甘えなさい』…

    和田秀樹『「うつ」だと感じたら他人に甘えなさい』に学ぶ、二分割思考。コロ…

  4. 読書会はインターネット的のおかげで成り立つ。

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。今回…

  5. 内なる声に耳を傾けよう

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  6. 本を生活の一部にする

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  7. 新学期にオススメの本、3冊!

    動画でもまとめています新学期といってももう4月も半ばですが………

  8. 河合隼雄『こころの処方箋』で常識を知る

    第27回「本を語る」読書会で紹介した一冊です。この日、紹介したの…

Twitter でフォロー

PAGE TOP