松浦弥太郎さんから考える、「ていねいな暮らし」とは?

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで癒しと安らぎを与える読書療法士の井田祥吾(@shogogo0301)です。

ブログを書いていると、こんなこと書いてみようかなとアイデアが浮かぶときもあれば、こんなこと書いてみてほしい、つまり、読んでみたいとリクエストを受けることがあります。

今回がそのリクエスト回になります。テーマはずばり「ていねいな暮らし」です。

松浦弥太郎さんが共通で好きな友だちからのリクエストでした。

松浦さんの本であったり、生き方というのは抜かりがなくスマートな印象を受けます。

男性のわたしもそのような大人になれたらいいなという憧れをもっています。

ということでわたしの理想とする「ていねいな暮らし」について妄想しながら書いてみようと思います。

 

朝目が覚めます。

起きる時間はだいたい6時頃。

目覚ましのアラームを使わずともしっかりと睡眠がとれて自然と目がさめるのが理想です。

居間に行くとすでにパートナーが起きていて、朝食を作っています。

コーヒーを豆から挽いて、ハンドドリップで落として淹れるのがわたしの役目です。

朝食を取ったのちに新聞を眺めたりと朝のルーティンをこなします。

やることリストをひとつずつこなしていくのにゲーム性や快感を感じます。

 

朝に書くことにエネルギーを使い、夜に読むことにエネルギーを使う。

同じ内省の領域でもインプットとアウトプットでは領域が違うのかなというのが最近気付いたことです。

 

朝のルーティンをこなしちょうど仕事に出かける時間です。

朝の爽やかな空気を感じながら近くの職場に徒歩で向かいます。

 

8時間しっかりと集中をして働きます。

適度にカラダも動かします。

 

夜は読書タイムです。

本を読み知識を涵養する大切な時間です。

 

とここまで書いてきましたが、妄想を踏まえつつと書きましたが、今の暮らしでも十分ていねいな暮らしを送っているような感覚になりました。

わたしにとっての「ていねいな暮らし」とは、階段を一歩一歩登っていくような感覚なのかもしれません。

先が長いと感じていても登っていって振り返れば高いところまできたなと実感することができます。

それがモットーでもある「よりよく生きる」に繋がると思っています。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


本屋さんは脳内旅行⁉︎

第10回ビブリオバトル@コワーキングSALOON札幌開催しました!

関連記事

  1. 和田秀樹『「うつ」だと感じたら他人に甘えなさい』…

    和田秀樹『「うつ」だと感じたら他人に甘えなさい』に学ぶ、二分割思考。コロ…

  2. 大泉洋『大泉エッセイ』を紹介しました

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカ…

  3. 松浦弥太郎『今日もていねいに。』

    第72回「本の話をしよう」で紹介をした一冊について書いていきます。「本を…

  4. 伊坂幸太郎作品の名言に偶然出会った話

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. 川村元気『仕事。』、「仕事。」楽しんでいますか?…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

  6. ひとり出版社、夏葉社 島田さんのお話を聞いて「仕…

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。「仕…

  7. 生きることは、今を大切にすること。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  8. 新庄剛志『わいたこら。』から学ぶ

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP