「なぜドリル」をやってみた!

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

つい先日、毎日ブログ更新頑張りますという記事を書きました。

札幌で読書会をやってます、
しょうご(@shogogo0301)です。

 

その記事内でも不安たっぷりに書いたことですが、
毎日更新するという目標は今の私にとっては
モチベーションと意志の力を必要とする
とても大きな習慣であったわけです。

 

ということで反省をして、
しっかりと本の内容をおさらいして、
取り組むことにしました。

 

なぜドリル

「小さな習慣」とは名前の通り、
バカバカしいほど小さなステップにして、
モチベーションに頼らず、
ほんの小さな意志の力を使って徐々に習慣化させていきましょう。
といったものです。

その中で「なぜドリル」というのがあったので実際にノートに
書き出してやってみました。

私の習慣化させたい最終的な目標は、
「ブログを毎日更新する」
です。

これだとモチベーションも意志の力も私には必要であり、
1週間が限界でした。

それで作った小さな目標が、
「Twitterで毎日1回(有益な情報と思えるものを)ツイートする」
です。

かっこで括ったのはこれもハードルとなってしまうことを恐れたからです。

これくらいならできるでしょうレベルです。
本当は写真付きでとか色々入れたくなりますが、
ポイントはあくまで、バカバカしいほど小さくです。

このブログを書くという目標を小さくした結果、
私の場合はTwitterで呟くというものでした。

これに対してひたすら「なぜ」を自問自答していくのが、
「なぜドリル」です。

 

やってみて思ったのは、
自分はやはりアウトプットをしたいということがまず考えました。

それは本で学んだことをアウトプットすることで自分の血となり肉となっている
のを感じているからだと思います。

そして毎日情報発信している人の方が信頼性が高いと考えていることが
わかりました。

せっかくいい情報があっても、その人に動きが感じられないと
やっぱり信用できないのではないかなと思います。

そして、何と言っても、自分の強みとなりうる才能の「内省」
を一番活かすことができるのが「書く」ことだと思ったからです。

自分の強みを生かそうとしていきなり大きなところに飛びつき
過ぎたのかもしれません。

 

ブログがいいと思うのはやはり自分の城のように
情報をストックしておけるところかなと思います。

 

そのようなわけで毎日ブログ更新から
毎日Twitterで1ツイートという小さな習慣を
目標に頑張ります。

こんな感じです。

今日の本

ご案内

読書会情報

読書会情報はこちらからどうぞ!

しるし書店

(井田祥吾店)は「こちら」からどうぞ!

感想はこちらからもお待ちしてます!

レターポット やってます。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




note(掌編小説、日記など)もやってます!

音声プラットフォームHimalayaでもお話ししています

書いている人


本は、時空を超える

詩人・文月悠光さんのイベントに参加しました。

関連記事

  1. 『終末のフール』から学ぶ、明日死ぬとしても後悔し…

    わたしが文章を書こうと思ったときはさて何を書こうから始まります。札幌で読…

  2. 天才はあきらめた〜嫉妬はガソリンだ!〜

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@…

  3. 生きることは、今を大切にすること。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  4. 2020年5月版「本棚の10冊で自分を表現する」…

    2020年5月22日に第51回札幌ゼロ読書会「本の話をしよう」@Zoomを開…

  5. 読書のアウトプットのススメとその方法

    本との出合いは人との出会いと同じだと思っています。札幌で「本を語る、人と…

  6. 『走ることについて語るときに僕の語ること』〜走る…

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  7. 読書の方法知りたくないですか?

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。本の…

  8. 同じ情報には何度も触れる

    ブログを書こうと思ったタイミングにいつも思い浮かぶことがあります。それは…

Twitter でフォロー

PAGE TOP