本は、時空を超える

体調もいい時もあれば、よくない時もある。
ということでよくないと感じるときも
それなりの結果を残しつつ、
自分のやりたいことをしっかりと見つめて
やっていけたらいいなと日々思っています。

札幌で読書会をやってます、
しょうご(@shogogo0301)です。

本読みはすごいのか

本を読んでいると、すごいねと言われることがあります。

本当にすごいことをやっているということはなくて、
ただ好きだからやっているだけです。
というのが今現在の私の結論です。

本当に本が好きなら、
自分の全く関係のない分野も読めるでしょう。

でも、基本的に私が読んでいるのは、
今の自分が面白いと感じるものです。

そこにブレはありません。

面白くないと感じてしまったものは、
長く「読んでいる本」の状態になってしまうか、
長く「積読本」となり、
いつか読まれる状態になるのを
本棚で待ち受けることになります。

 

本は時空を超える

本のすごいところは、
このいつかをずっと待っていてくれる
ところだと思います。

読みたいと思った時にいつでも手に取ることができるし、
読みたいと思った文章がいつの時代に出されていても
関係がありません。

時空を超えた存在が本であると言っても
過言ではありません。

本の存在ってやっぱりすごいなと思う今日この頃です。

今日の本

「本は時空を超える」
の表現はこの本から拝借しました。

ご案内

読書会情報

読書会情報はこちらからどうぞ!

しるし書店

(井田祥吾店)は「こちら」からどうぞ!

感想はこちらからもお待ちしてます!

レターポット やってます。

良かったらフォローしてください!

noteもやっています

画像をクリックすると「note」にとびます

読書会情報

自己紹介


休むのも仕事

「なぜドリル」をやってみた!

関連記事

  1. 夜の底が白くなった。

    川端康成「雪国」「ねえねえ、井田さん。川端康成の雪国の冒頭知ってますか?」雪国 (…

  2. 何度でもやり直せる社会に

    2018/06/22に天狼院書店で開かれた「暗闇でも走る」の著者安田さんのイベントの動画を昨日視聴し…

  3. 『終末のフール』から学ぶ、明日死ぬとしても後悔しない生き方をする…

    わたしが文章を書こうと思ったときはさて何を書こうから始まります。札幌で読書会をやってます、井田祥…

  4. わたしの読書習慣を変えた1冊。

    朝起きたら、外が白かったです。とうとう冬のシーズン突入といった感じです。寒いのは得意ではあり…

  5. ビートたけしさんに学ぶ、何も期待しないで相手に尽くす

    読書会で紹介した1冊前回の読書会でわたしが紹介した一冊は、ビートたけし「僕は馬鹿になった」でした…

  6. 朝に書くという習慣

    わたしは思考の整理のために朝に書くということをしています。札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@…

  7. くすみ書房・久住邦晴氏から学ぶ奇跡を起こすために必要なこと

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。「本には奇跡を起こす力があ…

  8. 言葉にすることは自分と向き合うこと

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。言葉にできるまで自分と向き合…

読書会情報はこちらから!

友だち追加
PAGE TOP