本は、時空を超える

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

体調もいい時もあれば、よくない時もある。
ということでよくないと感じるときも
それなりの結果を残しつつ、
自分のやりたいことをしっかりと見つめて
やっていけたらいいなと日々思っています。

札幌で読書会をやってます、
しょうご(@shogogo0301)です。

本読みはすごいのか

本を読んでいると、すごいねと言われることがあります。

本当にすごいことをやっているということはなくて、
ただ好きだからやっているだけです。
というのが今現在の私の結論です。

本当に本が好きなら、
自分の全く関係のない分野も読めるでしょう。

でも、基本的に私が読んでいるのは、
今の自分が面白いと感じるものです。

そこにブレはありません。

面白くないと感じてしまったものは、
長く「読んでいる本」の状態になってしまうか、
長く「積読本」となり、
いつか読まれる状態になるのを
本棚で待ち受けることになります。

 

本は時空を超える

本のすごいところは、
このいつかをずっと待っていてくれる
ところだと思います。

読みたいと思った時にいつでも手に取ることができるし、
読みたいと思った文章がいつの時代に出されていても
関係がありません。

時空を超えた存在が本であると言っても
過言ではありません。

本の存在ってやっぱりすごいなと思う今日この頃です。

今日の本

「本は時空を超える」
の表現はこの本から拝借しました。

ご案内

読書会情報

読書会情報はこちらからどうぞ!

しるし書店

(井田祥吾店)は「こちら」からどうぞ!

感想はこちらからもお待ちしてます!

レターポット やってます。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


休むのも仕事

「なぜドリル」をやってみた!

関連記事

  1. 吉野源三郎『君たちはどう生きるか』を読んで自分の…

    第9回読書会「本の話をしよう」で紹介した本について書いていきます。相当前…

  2. けらえいこ『あたしンち』から学ぶ「自分ルール」

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  3. 松浦弥太郎さんから学ぶ「自分株式会社」の経営哲学…

    松浦弥太郎さんが好きです。柔らかな文章の中にピリッとすることが書いてあっ…

  4. 「わたしだけのおいしいカレーを作るために」は哲学…

    以前読書会で紹介した本を今日は紹介します。その時にどのような紹介をしたか…

  5. これぞ名文!『夜の底が白くなった。』

    「ねえねえ、井田さん。川端康成の雪国の冒頭知ってますか?」雪国…

  6. 河合隼雄『こころの処方箋』で常識を知る

    第27回「本を語る」読書会で紹介した一冊です。この日、紹介したの…

  7. 坪倉優介『記憶喪失になったぼくが見た世界』で、感…

    第56回 札幌ゼロ読書会「本の話をしよう」を開催しました!わたしが紹…

  8. 感謝することは当たり前のことに目を向けること

    感謝をすることは当たり前のことに目を向けること札幌で読書会をやってます、…

Twitter でフォロー

PAGE TOP