自分のペースで本を読もう!

今回は、「本の読み方」について書いていきます。

本を読むペースというものは人それぞれで比べるものではないと思っています。

速い人もいれば、ゆっくりな方もいます。

どちらがいい悪いではなく、そういうものだと思っています。

 

本を読む速さは話すときの速さと関係があると聞いたことがあります。

早口でしゃべる人は本を読むスピードが速いということです。

これは学校教育で音読が中心に行われていることが原因のひとつかなと思っています。

要するに声に出さずに黙読するようなときでも頭の中で音読しているということです。

なので一定の読む速さのラインを越えたかったらこの頭の中での音読を越えなければいけないわけです。

わたしはフォトリーディングを学びましたが、ガッチガチに取り入れるというよりも良いと思ったテクニックを使っているという感じです。

基本は頭の中で音読しているのと近い感覚です。

それでも月に10〜15冊くらいは読書をしています。

月に一冊も読まない人がいる中で読めている時間は単純にそれだけ本を読むことに時間を割いているからです。

職場での休憩時間はもちろんそうですが、テレビを自宅に置かないことでダラダラ時間を過ごすことを省いています。

速読テクニックに頼る前にまずは本を読む時間をしっかりと確保することが大切ではないかと思います。

 

ひとつオススメのテクニックは書いている人が喋っている動画を観てから本を読むことです。

例えば心理学をわかりやすく説明している樺沢紫苑さんやDaiGoさんはYouTubeで多くの動画があります。

それを観ておくとこの人は実際にこんな喋り方をするんだなと想像ができるので、文章を読むときも脳内再生をしやすくなります。

ましてやDaiGoさんは早口なのでサクサクと本が進みます。

ぜひお試しください。

(eye catching photo by chiho)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




毎日note更新してます!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


桑田真澄『試練が人を磨く』。挫折を力に変える。

第64回 読書会「本の話をしよう」開催報告!

関連記事

  1. 松浦弥太郎さんから学ぶ「自分株式会社」の経営哲学…

    松浦弥太郎さんが好きです。柔らかな文章の中にピリッとすることが書いてあっ…

  2. アーノルド・ローベル『ふたりはともだち』から学ぶ…

    ふたりはともだち「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催…

  3. 読書の方法知りたくないですか?

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。本の…

  4. D・カーネギー『人を動かす』で友を作り人間関係を…

    第32回「本の話をしよう」で紹介をした一冊です。この日のテーマは「緑」で…

  5. 読んでくれる人がいるならば、

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  6. 松浦弥太郎さんから考える、「ていねいな暮らし」と…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

  7. 本棚の10冊で自分を表現する

    ハッシュタグで「本棚の10冊で自分を表現する」というのがあります。久しぶ…

  8. 「これからの本屋読本」は本屋に憧れる人のバイブル…

    2017年7月の読書会で内沼晋太郎「これからの本屋読本」を紹介しました。…

Twitter でフォロー

PAGE TOP