桑田真澄『試練が人を磨く』。挫折を力に変える。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

本が好きです。

それと同じくらいセミナーに参加したりと話を聴くのが好きです。

と考えるとあくまでも本を読むのというのは情報を得るための手段でしかないのかなと思います。

本やセミナーに参加をしたらひとつ以上ずっと覚えていることがあればいいんじゃないかと思っています。

正直本だとしっかりアウトプットをしておかないと忘れてしまうことがありますが、セミナーなど目の前で喋る空気感を丸ごと覚えてしまうような感じで記憶をしていることが多いように感じます。

 

桑田真澄さんの講演会を聴きに行ったのは記録によると2017年11月10日でした。

それでも野球を始めたときに背番号が18で「クワタ」と言われて以来、憧れの野球選手のひとりであった方にお会いすることができてよかったです。

その中で桑田さんが挫折を乗り越えてきた経験を語られていました。

4月1日生まれということで学年の中で一番誕生日が遅く、小さくハンデを抱えていました。

その中でコツコツと努力をして結果へと結びつけていきます。

それでも高校生のときに体の大きな清原さんに出会って同じところで勝負をしてはいけないと気づきます。

自分らしさ、基本、常識を疑う大切さというのを教わりました。

特に投げるだけでなく、走る、打つも全力でやってきたというゼネラリスト的な考え方がとても印象的でした。

スペシャリストでも幅を持たせておかないと自分の領域の外は対応できなくなってしまいます。

人並みにはしっかりとこなせるというのは必要なんじゃないかと思います。

 

本の本質は話を聞くところにあります。

手段にこだわらずに学び続けたいと思います。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


ベストな決断よりベターな行動をしよう!

自分のペースで本を読もう!

関連記事

  1. 皆川明『ミナを着て旅に出よう』(文春文庫)

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 東田直樹『自閉症の僕が跳びはねる理由』

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 『使いみちのない風景』

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、札幌ゼロ読書…

  4. 時間があったら考えて書く

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. 小川奈緒/小池高弘『心地よさのありか』

    お借りしていた本を読み終えたので紹介します。「本を語る、人と繋がる」をテ…

  6. ホームレス小谷『笑うホームレス』に学ぶ、お金に困…

    第59回「本の話をしよう」で紹介をした一冊です。紹介した動画はこちらです…

Twitter でフォロー

PAGE TOP