松浦弥太郎『おいしいおにぎりが作れるならば。』(集英社文庫)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会の運営をしています。

また、ブログ、SNSやポッドキャスト等の発信活動を通して、本の魅力や読書の素晴らしさを伝えています。

 

今回紹介する本は、松浦弥太郎さんの『おいしいおにぎりが作れるならば。』(集英社文庫)です。

副題として『「暮しの手帖」での日々を綴ったエッセイ集』とあります。

かつて「暮しの手帖」の編集長を務められていました。

そこに掲載されていたエッセイをまとめたものということになります。

 

松浦弥太郎さんの文章を読んでいてすごいなと思うところは、古さを感じさせないことです。

これは、どれだけ昔のものを読んでも言えることです。

生きていくうえで大切にしていくべき本質というものはいつの時代も変わらないのだなと感じさせられます。

 

やさしい言葉の中にもこれだ、と思わせてくれる一文が発見できるのも魅力のひとつだと思っています。

私はしるしを入れながら本を読んでいますが、今回も角を折り、線を引きの連続でした。

 

松浦さんがお母様とおにぎりをつくられた話が印象的でした。

タイトルもこの話からつけられています。

学校の調理実習で手順通りに作っていく様子に弥太郎少年は違和感を感じました。

それを話すと「料理ではない」と言われておにぎりをつくることになりました。

 

印象に残ったところを紹介します。

暮らしや仕事を考えるとき、僕は必ず、このときに母と一緒に作ったおにぎりを思い出す。

おにぎりの作り方は単なる方法ではなく、楽しさや、やさしさや、愛しさであり、暮らしや仕事への心構えのすべてを表しているのではないかと思っている。

松浦弥太郎『おいしいおにぎりが作れるならば。』(集英社文庫)(p76)

おにぎり作りを通して学んだことが仕事への姿勢に活きているというなんとも敬服するエピソードです。

おいしいものを食べることはお金を払えばできることではなく、その人の愛を感じる行為なのだと感じました。

その人の愛を感じることができれば、美味しく楽しく食卓を過ごせるような気持ちになりました。

 

これからも松浦さんのエッセイを読んで色々な視点を学びたいと思います。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


ティボ・ムリス『「ひとりが好きな人」の上手な生き方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

吉田修一『静かな爆弾』(中公文庫)

関連記事

  1. 弱さを武器にはしない

    今回紹介する本は、松浦弥太郎さんの『[よりぬき]今日もていねいに。BEST1…

  2. 本業がうまくいかなくたっていい

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「…

  3. 「職業 自分」を目指して

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

  4. 松浦弥太郎『100の基本 松浦弥太郎のベーシック…

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  5. 松浦弥太郎『ふたりのきほん100』(光文社)

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会の主宰をしています、読書セラ…

  6. 松浦弥太郎/野尻哲也『はたらくきほん100 毎日…

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  7. 松浦弥太郎『いつもの毎日。衣食住と仕事』(集英社…

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「…

  8. 松浦弥太郎『場所はいつも旅先だった』(集英社文庫…

    今回紹介する本は、松浦弥太郎さんの『場所はいつも旅先だった』(集英社文庫)で…

Twitter でフォロー

PAGE TOP