夜の底が白くなった。

読書会情報

読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。

Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、

お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

川端康成「雪国」

「ねえねえ、井田さん。川端康成の雪国の冒頭知ってますか?」

そう聞かれたとき、私はもしかしてというよりもほぼ確信的にあの一文が話題になるだろうと思いました。

札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

夜の底が白くなった

それは日本文学を代表する名文であろう、「夜の底が白くなった」です。

実際そうでした。

その一文に対する、わたしの解釈を聞かれました。

私がこの一文がいかにすごいかを力説されたのは約1ヶ月ほど前の話でした。

その力説されたのを今度は力説する立場になるとは思ってもいませんでした。

夜も底も白もごくごく簡単な日本語です。

いかに平易な日本語で情報量が多いわけではないのに想像力を掻き立てられるこんな表現素敵ではないでしょうか?

それこそわたしの引き出しの多さというよりも引き出しの中身の組み合わせがうまくいかないせいか、伝えることが難しいですがこのような美しい文章を書けるようになりたいなと思う出来事でした。

文章は贈り物

やはり文章は贈り物だと思います。

大事なのは受け手の視点です。

 

もらった側がどう思うかを想像しないと単なるエゴになってしまいます。

文章を書くということに関していうと自分は時間を費やし、相手も読むのに時間を費やしています。

そういう意味では時間を費やすということはお金を書けるのと同様の価値があると言っても過言ではありません。

読書会を含めて、いかにお金と時間をかけてもいいと思えるものを提供できるかが今後考えていくべきことなのかなと思いました。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




Talkstandでお話しませんか?



画像をクリックしてダウンロードをお願いします!

Talkstandの紹介はこちらから!

音声プラットフォームHimalayaやっています!



視聴は画像をクリックしてください!

しるし書店やってます!



画像をクリックしてください!

自己紹介


実行する実行家を目指して。

努力はダサいことなのか

関連記事

  1. 筒井康隆『時をかける少女』は時をかけて読まれる小…

    時をかけて読まれる小説札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開…

  2. 朝に書くという習慣

    わたしは思考の整理のために朝に書くということをしています。札幌で読書会を…

  3. 本棚の10冊で人生哲学を考えてみる

    テーマは人生哲学札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo03…

  4. YUIさんの柔張るという生き方

    2020年2月21日に開催した第49回「本の話をしよう」@Brown Boo…

  5. 本は誰が作っているのか

    あなたはどのような形で本を読むことが多いでしょうか?書店で新刊本を買うこ…

  6. 小さな習慣をつくる

    密かにブログを毎日更新するというチャレンジを続けています。札幌で読書会…

  7. ついていける師匠を見つける

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。学ぶ…

  8. 同じ情報には何度も触れる

    ブログを書こうと思ったタイミングにいつも思い浮かぶことがあります。それは…

PAGE TOP