努力はダサいことなのか

イベント情報

読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。

Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、

お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで癒しを与えるビブリオセラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

最近は少し睡眠が多くなっています。

睡眠は大事です

いや、多くなっているというよりも、しっかりと一度で必要な睡眠を取れていないと言った方が正しいかもしれません。

というのも、しっかりとした二度寝、それも朝起きて、ご飯を食べて一息ついてからの謎の二度寝です。

一つ言えるのがそういう働き方ができるシフト制の仕事をしているということです。

別に怪しい仕事をしているわけではないです。

日付が変わる前に仕事は終わります。

そのあとの家に帰ってダラダラと過ごしてしまうのがいけないのかなと思います。

時間を有効に活用する

そのダラダラ時間をうまく活用すればもっと本も読めるし、もっと文章を書くことができます。

今日は少しブログのカスタマイズをしてみました。

こういうのってどうやったらよりみやすくなるのかなと試行錯誤する過程が好きだったりします。

ブログを見やすくすることはわたしにとって努力ではありません。

それ自体に意味はなくても、楽しいと感じることであり、好きなことです。

わたしの周りだけなのかもしれませんが、一時期努力を一生懸命するのはダサいという風潮がありました。

今まではその意味がわからなかったのですが、今はなんとなくその意味がわかります。

何かしらの結果に残らなければそれは努力ではなく、ただ時間を費やしただけではないでしょうか?

単なる時間の浪費ということです。

時間をかけることが努力ではなく、一定の成果やカタチになって初めて努力と言えるのであって、その過程で褒められるべきものではないのかとと最近思いました。

努力を一生懸命するのがダサいのではなく、努力を一生懸命していますよとアピールしてしまうのがダサいのかもしれません。

時間を使ったことを何かしらの形にしてこそ費やした時間は努力として認められるのだと思います。

誰でも得意不得意分野はあります。

わたしは長所をどんどん伸ばしていくべきだと思いますが、組織で関わっていく以上、避けられない問題も出てきます。

その問題にいかに関わっていくかが、これからのわたしの課題になっていきそうです。

努力の方向性を見誤らないようにだけ気をつけていきたいものです。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




書いている人


夜の底が白くなった。

20%を見極める。

関連記事

  1. 10年前の自分への手紙

    10年前の井田祥吾さん 令和2年1月21日札幌で「本を語…

  2. 思いを届ける。

    多分、何を書くより何を相手に届けたいかを考える方が大切な気がする。多分、…

  3. 繰り返すことは信念である

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  4. 自分にとっての名言を集める。

    今日は本を読んだ後のオススメの行動について書いていこうと思います。「本を…

  5. 2019年を振り返りと2020年の目標

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  6. 本は読んでギャップを埋めるのが大切

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  7. 動画にチャレンジ⁈

    今日はこれを書こうと決めて、書き出すほうがわたしは珍しいかなと思います。とり…

  8. 文章はラブレターを書くように

    パンを大量に購入するという夢を見ました。メロンパンを7個とかそんな感じで…

Twitter でフォロー

PAGE TOP