遠回りを認めてあげる

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回のお話は、「遠回りを認めてあげる」というお話です。

 

わたしは思い立ったらすぐ行動というよりは色々と考えてしまう性格です。

よく言えば慎重ということなのかもしれませんが、それでチャンスを逃している機会もきっとあるのではないかと思っています。

とりあえずやってみてそこから色々修正してみるのがいいのだろうなと常々思っています。

 

何かをやろうと思ったら目的を明確にすることが大切です。

シンプルに何のためにやるかです。

そしてそれをかなえるための手段を選びます。

ここで注意したいのが手段ありきにならないことです。

本が好きだからといってなんでも本に頼ることはありません。

例えば、泳げるようになりたいと思ったらまずはプールに行くことを考えるはずです。

本屋さんで泳ぎ方の本を買って理論を学んでからやろうと思う人はいないでしょう。

ある程度進んだ段階で必要になることはあっても初めからそれが本当に必要かどうかは分かりません。

 

逆に最善を尽くしていたつもりが実は遠回りだったなんて場合もあるかもしれません。

時にはある程度の理論を踏まえてからやったほうがいい場合もあります。

しかし、これもやってみなければ分からないというところがあります。

 

結果としての遠回りは許容するようにしています。

最も良い道を選んでいたつもりが遠回りであってもそれは通過する道だったのだと思うようにしています。

 

わかっていて遠回りをする必要はありませんが、最善を尽くした結果が遠回りだったとしても何も後悔する必要はないです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

 

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


2021年9月に読んだ本

小林弘幸『整える習慣』(日経ビジネス人文庫)

関連記事

  1. 応援され、応援する読書会を目指して。

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。今年…

  2. 小さな一歩を大切にする

    量が質を生む「量が質を生み出す」と言われます。量が先ということなので…

  3. なくてもいいけどあったらうれしいを目指して

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. わたしが日記で書いているふたつのこと

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. 読み放題には向いていないのかも

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 気分の波を乗りこなす

    わたしはおそらく他の人に比べて気分の波が大きいです。それは双極性障害をも…

  7. どうやったら習慣化し継続できるのか

    良いと思って始めたこともなかなか続かないという方も多いかと思います。習慣…

  8. ヨットは風を利用して前に進む

    わたしは平日休みです。お休みの前の夜というのがとても好きです。夜更か…

Twitter でフォロー

PAGE TOP