【ストレングスファインダー 】弱みは強みでカバーをする。

イベント情報

読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。

Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、

お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾@shogogo0301)です。

人の能力は様々です。

例えば、わたしは本を読むのが好きですが、家でじっと映画を観るのは得意ではありません。

ブログ等、文章をを書くのは好きですが、対面のコミュニケーションはまどろっこしく感じてしまうことがあります。(内省が一位なのもあるかもしれません)

単純に考えて、人間にはそれぞれ得意なこと、不得意なことがあるということです。

ストレングスファインダー を知ってから、自分の得意なところをどんどん伸ばせばいいのだとわかりました。

弱みは強みでカバーをする

「内省」が一位で、「コミュニケーション」は18位、「社交性」は31位と素人目に見ても、読書会のような対面の場で力を発揮するようなタイプとは思えないのです。

しかし、「学習欲」と「収集心」が上位5つに入っています。

つまり、学びの対象を多くの人に向けてカバーしているのではないかと思います。

 

弱みは強みでカバーできるのだと感じることができればあとは強みを伸ばすだけです。

 

読書家さんには「内省」が多いのかなぁと思う今日この頃です。

今日の本

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




自己紹介


気分に点数をつける

「『森信三先生に学ぶ会』@作文教室ゆう」に参加をしました。

関連記事

  1. 文章はラブレターを書くように

    パンを大量に購入するという夢を見ました。メロンパンを7個とかそんな感じで…

  2. 本は時代遅れのメディアなのか?

    「普段若者は家で何をやっているの?」と聞かれました。札幌で読書会をや…

  3. 習慣にしたことは抵抗を感じるもの

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。抵抗…

  4. 北海道新聞『さっぽろ10区』に掲載されました

    先日、北海道新聞社から取材を受けた記事が11月13日(金)の朝刊別刷に掲載さ…

  5. 気分に点数をつける

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  6. 「ふくぎょう」時代をどう生きるか?

    「ふくぎょう」時代をどう生きるか?コロナウイルスさんの影響がわたしの仕事…

  7. 意味のあるものにするために

    時間が余りある入院生活で何を書こうかなと考えています。札幌で「本を語る、…

  8. 一冊の本から一つの気づきと一つの行動指針を得る

    一冊の本から一つの気づきと一つの行動指針を得る質問箱というサービスを利用…

Twitter でフォロー

PAGE TOP