『時ひらく』(文春文庫)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

今回紹介する本は、『時ひらく』(文春文庫)です。

 

辻村深月さん、伊坂幸太郎さん、阿川佐和子さん、恩田陸さん、柚木麻子さん、東野圭吾さんの豪華6名によるアンソロジーとなっています。

350年の歴史を持つ老舗デパートである『三越』がテーマになっています。

わたしは東野圭吾さんの作品目当てで購入をしました。

タイトルは『重命る(かさなる)』でした。

冒頭ですぐに草薙の名前が出てきたので、予想通り湯川学も登場し、ガリレオ作品であることがわかりました。

刑事の草薙が難解な事件の協力を求め、物理学の知識をもって解決に導くことからガリレオ先生と呼ばれています。

被害者が三越でお土産を買っていたのがわかるところから話が展開していきます。

ミステリ作品は長いほうが入り組んだ構造になりやすいので、読後感も深いものになりやすいです。

短編は短編でシンプルな構造にまとまるのでそれはそれでいいのかなと思います。

 

お目当ての作家さんがいるかどうかでアンソロジーは買うことが多いです。

聞いたことがあるけど読んだことのない作家さんの作品を読むことができるのも魅力です。

デパート三越というお題でもこうも描かれ方は変わってくるのだなという気づきがありました。

アンソロジーをきっかけに新たな作家さんに出合うというのもいいかもしれません。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


柘植文『野田ともうします。』(ワイドKC Kiss)

鴻上尚史『孤独と不安のレッスン』(だいわ文庫)

関連記事

  1. 光文社文庫編集部・編『Jミステリー2022 SP…

    今回紹介する本は、光文社文庫編集部・編『Jミステリー2022 SPRING』…

  2. 文字が読めること、文章を味わうことができること

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  3. 頭やお金よりも大切なこと

    今回紹介する本は、ダニエル・キイスさん(小尾芙佐さん訳)『アルジャーノンに花…

  4. いい人が周りにたくさんいる人生

    今回紹介する本は、ファン・ボルムさん(牧野美加さん訳)『ようこそ、ヒュナム洞…

  5. 集英社文庫編集部『短編宝箱』(集英社文庫)

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  6. 一途の愛は存在するのか

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  7. 木内昇『茗荷谷の猫』(文春文庫)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  8. ?から!の大きさがミステリーの魅力

    旅のお供に本は欠かせません。移動中に没頭するように読み、たまに外の景色を…

Twitter でフォロー

PAGE TOP